FC2ブログ

笑顔

先日お昼にマクドナルドに行きました。職場の近くにあるのでたまに行くのですが、マクドナルドは好きです。特別おいしいわけでも安いわけでもありませんが、あのお手軽なジャンクフード感が好きです。だが、好きだからこそあえて言わせてもらいましょう。

遅えよ(; ・`д・´)

これだけ遅くてファストフードとはへそで茶が沸くぜ。レジは二つあるのですが、いつ行っても一つしか稼働していません。そしてレジ前に出来る長蛇の列。5~6組は並んでいて、お店の入り口まで列がはみだしています。この状態で二つ目のレジを使わないなら一体いつ使うのか?並んでいるお客さん達も苦笑いを漏らしています。まあ時間がお昼時であり、客が一気に訪れるタイミングなのでしょう。この時間に合わせて人員を設定してしまうと、他の時間帯は暇を持て余すことになるのかもしれません。それにしたって遅すぎる。ディズニーランドじゃないんだから。並んでまで食べたいハンバーガーなんて存在しないのです。スピードが売りの商売であの状況は致命的でしょう。なにしろ立ったまま並んで待たせるわけですからね。普通のレストランより待たされる感が強く、普通のレストランより遅く、普通のレストランより味が劣るなら行く理由が無くなってしまいます。なんとか改善をしてほしいものです。
さらにマクドナルドのキャンペーン等も気になるものが多いです。有名なキャッチコピーで「スマイル0円」なるものがありました。レジで商品を頼んだ後、「あとスマイル」などとジョークを言うなんて現象もあったそうです。ぼくはこのキャッチコピーが嫌いでした。「スマイル0円」?

当たり前だろ(; ・`д・´)

なにを当然のことを声高に叫んでいるのか。笑顔で接客することなど基本中の基本なのに、それを無料で提供しますよ!とおっしゃるのが逆に不快だわ。笑顔とはお互いの気持ちを良くするとても良いものです。ビジネスツールとして使うのも当然ですが、無料であっても価格設定などするものではありません。仕事用の笑顔と明言されれば、0円だって欲しくはありません。
最近は新商品のハンバーガーが二つ販売されているようで、トレーにその広告が印刷されておりこんな感じの文が書いてありました。

「どちらを食べるか選べない人は、ここにストローを立てて倒れた方を食べよう!」

食事の道具をそんな風に使わせんなよ(; ・`д・´)

なんなんでしょうこの幼稚さは。どっちかを選ぶ方法なんていくらでもあるだろうに、飲食店でこんなに行儀の悪いことを進んでやらせるとかどうかしているとしか思えません。まあこんなもんなんでしょうか。たまに行く程度なのでまあいいや。

その夜は、前回の記事で書いたワインバーに行きました。前回行ったときは、とても騒がしい団体客がいて早々に立ち去ってしまったので、今回はゆっくりしたい所存です。前回と同じ席に座り、注文をしようとすると、

店員さん「先日はすいませんでした、今日は大丈夫ですので。」
ぼく  「覚えてるんですか?」

一か月近く前に一杯飲んだだけなのに、特に会話をしたわけでもないのに覚えていらっしゃることにとても驚きました。プロは違うぜ。前回同様よくわかりもしない赤ワインを頼み、今回は軽いオードブルなどというものも頼んでみました。

くろびーる
友人が頼んだビール。
黒い色をした、よくわからないラベルのビールです。ぼくはビールは好きじゃありませんが、こじゃれたグラスに注がれると美味しそうだな。

おーどぶる
おしゃれ前菜
すげーおしゃれ!(゚Д゚)店内全てがおしゃおしゃしている。ぼくの撮影技術がイマイチですがかなりの美味しさでした。赤いのは人参を刻んで炒めた感じのやつ。ニンジン味で美味しい。コショウが強烈に効いています。手前は鶏肉料理。さっぱり薄味で、パサパサ感が無くていとうまし!隣が豚のタン。柔らかくてほんのり暖かくて、緑のソースがめっちゃ合う。中央には生ハム。良い塩加減で、厚みをもった食べ応えのあるハムです。右端にはタコとセロリのサラダ、両極端な食感の組み合わせはとても面白くておいしい。小皿の中はオリーブの漬物みたいなもの。これは、、、うーん。オリーブ食べることなんてほとんどないのでなんともコメントしようのない不思議な味。とにかくしょっぱい。
これ一品だけで、味もバラエティも量も満足です。一軒目は毎回これにしようかな。ワインのお店ということで、とにかく肉系がうまい。このオードブルだけで余裕で一本飲める感じです(安いのなら)。
やはりこの店は良い(*‘∀‘)!薄暗いかっこいい雰囲気の店内、美味しいお酒と料理、一人で飲みながら本を読んでいるお客さん(すげーな(; ・`д・´))、そして店員さんが素晴らしい。皆さんとても自然な笑顔で接してくれます。なんと癒される事か。

やはり笑顔とは、嬉しかったり楽しかったりしたときに自然と溢れるものであるべきですね。
スポンサーサイト

マスクと耳栓

インフル患者数が大分落ち着いてきたようですね。ぼくは残念ながら幸いにも、今年は流行に乗ることが出来なかったようです。2~3年前の冬にかかった時を思い出し、是非今年も!よしなに!と思っていたのですが、無情にもウイルスはぼくの体に宿ってはくれませんでした。まあとはいえ、ほんとにかかってしまうと会社を休める以外にあまりメリットはありません。体もしんどいし、仕事で迷惑かけるし、元気になってもでかけられませんからね。やはり休むなら体調万全で休むのが一番良いでしょう。そんなある日、いつもの友人と飲みにいってきました。

友人「(ー'口'ー)ゴホゴホ」
ぼく「え、なにそのマスク(; ・`д・´)」
友人「いやーのど痛くて、カゼカゼ」

風邪ひいてんなら無理してこなくていいのに。てゆーかうつすなよ(´・ω・`)。

そんな出だしでしたが、のど以外はなんともないらしく普通に飲みにいくことに。まずはお好み焼きやさんに行ってみました。ここは中々の人気店で、以前予約なしで行ったら満席で入店することができませんでした。この日は時間も早く、すんなりと入店成功。店内は清潔で、宇多田ヒカルの音楽とPVが流れています。スバラシイ!自分で焼くシステムらしく、席に設置されている鉄板でジュージューしていきます。

写真紛失(´・ω・`)

撮影したデータがどっかいってしまいました。。。しかしその方が良かったのかもしれません。素人の焼いたお好み焼きの出来栄えは、美味しそう!とはとても言えない見てくれだったからです。しかしそのお味はとても美味しい(*‘∀‘)!熱々の魚介お好み焼きにソースや明太マヨをかけてハフハフしながら食し、冷たいハイボールをいただく。これはもう最高でんがなまんがなです。そのほかにも、ほうれん草やらなにやらのホイル焼きを頼み、それも目の前の鉄板で火を通しながらいただきました。めっちゃうめえ('Д')!
人気があるのもうなずける、味も接客も非常に満足いくお店でした。

お次はこじゃれたワインバー。雑居ビル?のような建物にあるお店で、エレベーターで登って入店。なんともオシャンティーな雰囲気だだ漏れの感じですが、図々しく入店してやります。出てきた店員さんはとても美人なウエイトレス。しかし何やら申し訳なさそうな表情を浮かべています。

店員さん「本日立て込んでまして、お料理がとても時間がかかってしまいます。」

がっつりお好み焼きを食べてきたぼくたち。むしろ助かるぜ。

ぼく「食事は済んでいるので飲み物だけで結構です。」

そう伝えると店員さんは笑顔で席に通してくれました。めっちゃ美人でんがな(*‘∀‘)。席に着き、適当にワインを頼みます。するとなるほど、団体のグループ客が宴を催している模様。このお客さんの対応で、立て込んでいるようです。薄暗い照明と、お洒落オーラ全開の店内はとても恰好よく、もう一度来て次は食事もしてみたいと感じました。その時、

わーはははは!!!

その団体客の人達が突然の大爆笑。何やら大いに盛り上がっているご様子。楽し気で良いじゃないですか。やはり宴とはこうあるべきです。そう思っているとふたたび大爆笑。

どわーはははは!!!

うん、まあ、まあ、、、よく通る声でいらっしゃる。人間は笑うことが出来る唯一の動物であり、それはとても

どぐわははははぎゃははあ!!!

うるっせーぞ(; ・`д・´)!
いやまじで騒々しい。そんなに声張る必要ないだろ。こっちの会話がまるで成立しないレベルの声量で会話し、笑い転げています。しかもその内容が丸聞こえで、とても品の無いものでした。お酒を飲んで楽しく過ごすのは良いですが、酔っているからと言ってマナーに反したり、品位を欠くような言動は避けるよう注意すべきでしょう。ちょっと会話すら出来ない状態なので、一杯だけ飲んでお会計をお願いすることに。先ほどの美人店員さんが、また申し訳なさそうな顔をされていたので、また後日お邪魔しますと言ってお店を去りました。近々行く予定です。

店を出ると、友人が体調がイマイチだと言いだしました。

友人「ちと調子悪いわ」
ぼく「もう帰るか、コーヒー飲みながら代行呼ぼう」

いつもの工程を前倒しで行うことに。以前の記事で書いた喫茶店に行ってコーヒーを飲みました。

ぼく「のど痛い?頭が痛い?」
友人「うーん、なんていうか、体が痛い。」
ぼく「それインフルデスガナ(; ・`д・´)」

ちょっとまたんか。ぼくは二時間以上きみと向かい合って飲食してたんだぞ。どうも今年のインフルは、あまり重症にならない人が多いような気がします。実はあの時の体調不良、インフルでしたテヘペロみたいなことをよく耳にします。とにかくその日はさっさと帰ることに。後日その友人はインフルだったことが発覚しました。うつされなくてよかった。

世の中には様々なウイルスが漂っています。社会に生きる以上、それらを吸い込むことを完全に防ぐことは出来ないでしょう。あるいは吸い込み続けることで免疫ができてくるものかもしれません。それが良いことなのか、否か。わからないぼくは、いまだ免疫が不完全のようです。

正義は勝つ

前回の記事の二週間後、懲りずにポケモンカード練習会に参加してきました。前回は朝9時~夕方16時までお邪魔したのですが、今回は一日予定がなかったため初めてフルで参加。朝9時~夜21時まで・・・('Д')仕事か!文字通り、丸一日カード漬けとなりました。カードゲーム自体が面白いので、そこまでしんどいわけではありませんが、しかしそれでも大変だ。これを定期的に続けているその熱意に感服します。

ぼくは今回も、前回同様『ピカゼク』デッキで参加しました。てゆーかこれしか持ってない。他にも用意出来なくなないのですが、トッププレイヤーの方々との練習に耐えるだけのものは『ピカゼク』以外今のところありません。強いデッキだけ用意しても、操作方法が熟練していなければまともな試合にならないので、浮気せず『ピカゼク』一本に絞っていきました。とはいえ現在大人気のデッキなので、これさえあればとりあえず練習相手になることはできます。また子供達をやっつけてやるとするか。

・・・
・・


勝てねえ!(; ・`д・´)

前回猛威を振るったぼくの『ピカゼク』ですが、今回はなんともお粗末な結果となってしまいました。超強力で、使用者が多い大人気デッキということで、様々な研究がされ、対策がどんどん進んでいるようです。強いカードを使っているだけでは勝てないところがこのゲームの面白い所ですね。このままでは我が『ピカゼク』は、ただのカモに成り果ててしまいます。対策されたことに対して対策をしなくてはなりませんね。

しかし他の参加者の皆さんは、一人でたくさんのデッキを持って馳せ参じているご様子。マジですげーな。ぼくは一個のデッキを作って操作をマスターするのに四苦八苦しているのに、皆さんは色々な種類のデッキを自在に操っています。このゲームは他のデッキの知識があるかないかでは、プレイに雲泥の違いが出ます。何をされたら嫌か、どう攻めるのが効果的か、などをよく考えなくてはならないからです。ぼくのように「そのカード見たことない!」なんてことを連呼しているうちは、上級者にはほど遠いでしょう。すべてのカードを知り尽くしていることが、強くなるための大前提です。

そのためにも、そろそろ『ピカゼク』以外も作って操作を覚える必要があるな。てゆーかピカゼク飽きたわ( ゚Д゚)!とゆーわけで次はどうしよう。これ強そう。

げっぞろ

『ゲッコウガ&ゾロアーク』のタッグチーム

「あくのはどう」は、エネルギー二個で30ダメージ。さらに自分の場のポケモンに付いている悪エネルギーの数×30ダメージを加算するというもの。つまりこのわざを撃つための2エネルギーの他に、どこでもいいから5個の悪エネルギーがついていればピカゼクを一撃で葬れる計算です。強いやん( ゚Д゚)
エネルギー加速担当はこの人が良さそう。

ガオガエン
ガオガエンGX
特性「スカーチャージ」が強力で、ダメージ30と引き換えに、悪エネルギーを3個山札から持ってきてつけられるというもの。強力故に難易度も高く、2進化ポケモンとなっていますが、そこは『ゲッゾロ』の「ナイトユニゾンGX」が相性良さそう。普通に育てた方が早いのか、「ナイトユニゾンGX」で一気に立てる方が早いのか。どっちだ?
いずれにしても、エネルギーを大量に充填すれば、毎ターン2エネで300ダメージとかいうとんでもないことにもなりそうな予感がします。凄く強そうでおらわくわくしてきたぞ( ・`д・´)!

とりあえず作ってみようと思います。なにしろポケモンの属性が「悪」ですからね。ど直球というか、開き直りというか。。。自分「悪」属性ですけど何か?と言わんばかりです。
「悪」属性があるなら「正義」属性もあってよさそうですがそれはないようです。子供のゲームで「悪」があって「正義」が無いなんて良いのでしょうか?それとも「悪」以外の属性がすべて「正義」という設定なのでしょうか。いや「正義」属性なんてものがあったらとっても気持ち悪いからでしょうか。悪も正義も本質は同じで、どちらも存在しないという世知辛さを暗に示しているのでしょうか。この悪ポケモンで強いデッキを作り、世の矛盾を教え込んでやろう('Д')!



兵強ければ則ち滅ぶ

先日の土曜日、友人に誘われてポケモンカード練習会なるものに参加してきました。およそ10組ほどの親子の方々とぼくのような独身組が5~6名。総勢30名前後の人々で、市の運営する施設の一室を借りての本格ガチ練習会でした。とても和やかな雰囲気ではありつつも、カードに対する意識は高く、楽しみながら真剣な練習試合が繰り広げられました。近々ジュニア大会があるらしく、それに向けた子供たちのレベルアップが主な目的です。その練習相手にと頼まれての初参加というわけですが、なにしろ皆さんカードは遊びじゃないと言わんばかりの気合の入り具合です。ぼくのようなポンコツプレイヤーが行っても役に立たないのでは?と思い、友人にどんなレベルのデッキを持っていけばいいかを相談しました。

友人「弱いと子供たちの練習にならないので強いピカゼクデッキ作って下さい。」
ぼく「お、おう(; ・`д・´)」

友人「このサイトのデッキを参考に、より強くアレンジして下さい。」
ぼく「お、参考デッキすごい。これ見ればなんとかなりそう。」

友人「2ターン目に必ず『フルドライブ』撃てるようにして下さい。」
ぼく「チートですがな(; ・`д・´)」

ピカゼクとは、以前の記事でご紹介した、ピカチュウ&ゼクロムのタッグチームカードのことです。そして『フルドライブ』はピカゼクの持つ技で、150ダメージ+エネルギー加速という凶悪な性能を誇ります。それを2ターン目で必ず撃てたら、それだけで試合の大勢を決めてしまいます。野球でいえば、2回の攻撃で必ず満塁ホームラン打つようなものです。しかし現在のレギュレーションもかなり様々なカードが発売され、試合のスピードや火力がうなぎのぼり状態なので、逆を言えばこれが決まらなければあっさり負けるということになるようです。初心者や低性能カード置いてけぼり感がすごいので、もう少しバランスを考えてカードを作って欲しいものですね。

というわけで現在最も使用者が多いとされるこのピカゼクで強いデッキを作れば、練習相手として不足はなかろう。いろんなサイトを見ては、良いアイデアをパクってデッキを完成させました。

きも

詳細は省きますが、キモとなるのがこのカード達。
ピカゼクをメインアタッカーとし、2ターン目『フルドライブ』で次の新品ピカゼクに高速でエネルギー充填します。次ターンすぐさま『タッグボルトGX』で敵陣は壊滅状態。速攻で相手の息の根を止め、何もさせずに試合終了。子供相手にこんなことしていいの?(´・ω・`)
これを実現させるために必要なのが『サンダーマウンテン』と『カプコケコ』というプリズムスターカード。プリズムスターは超強力な性能のため、デッキに同じ名前のプリズムスターは1枚しか入れられません。
最近新登場したデデンネGXは、『デデチェンジ』という特性が強力です。大量にドローできるんですね。これらのカードの他にも様々なカードを上手く組み合わせれば、かなり高確率で2ターン目『フルドライブ』、3ターン目『タッグボルトGX』が成立します。実戦では相手の妨害もありますが、相当なスピードを持つ構成なので上手く行くでしょう。いざ尋常に勝負!

・・・・・
・・・・
・・・
・・


ピカゼクつええ(; ・`д・´)!

いやほんとに強い。いつもはボコボコにされました!という結果に終わるのですが、今回のぼくはほんとに強かった。もちろん全勝とはいきませんでしたが、大幅に勝ち越し、かなり練習相手として役に立つことが出来たのではないかと思います。
負けパターンとしては、こちらのカードのヒキが恐ろしく悪いケースと、弱点である『闘タイプ』ポケモンに攻め込まれるケース。そしてなにより、「タッグチームは倒されるとサイドを3枚取られる」というルール。これはかなり怖いルールです。ピカゼクは確かに強力ですが、このルールのおかげでカモもなりかねません。少し防御面を見直した方がいいかも。今回の敗戦は、デッキ構成の調整と、ぼくのカード知識の補完で改善が可能だと感じています。特性封じや、GXポケモンに対するダメージバラマキなども要警戒ですね。

やはり負けた試合の方が成長の糧になる。そういう意味で、子供相手とはいえ全力でひねりつぶしに行くべきですね。それこそが大人気ある振る舞いというものです。次回の練習にも参加する予定なので、それまでにより強いデッキとプレイスキルを用意しなければなりません。本気を出した大人の恐ろしさを思い知らせてやる!('Д')

感染予防

復活('Д')!

体調不良はインフルエンザではなくただの風邪だったようです。仕事も遊びも休むことなく乗り越えることができました。しかし巷ではインフルが流行っているらしく、油断は出来ません。ぼくの部下も一人かかってしまい、長期の休暇を余儀なくされてしまいました。病気はまあ仕方ありません。どんなに感染予防をしても、完全に身を守ることは出来ないでしょう。かかってしまったら諦めて、全力で治療をするしかありません。

しかし、今回インフルエンザにかかったのが以前の記事で書いたアスペルガー症候群の疑いがある「A君」。彼の対応は想像を絶するものでした。

先週水曜の業務終了後に、A君から電話がかかってきました。

 A君「もしもし○○です、、、」
 ぼく「もしもし、どうしました?(絶対良いニュースじゃないな)」

 A君「実は昨日から体調が悪くて、今熱測ったら37度あって、、、」
 ぼく「ふむふむ、それは大変だね。(微熱じゃねーか。明日休む気だな)」

 A君「明日病院に行きたいです、、、」
 ぼく「わかりました。インフルかもしれないからね。(一晩寝て自力で治そうという気概はないのか)」

 A君「では明日と明後日休みということで。」
 ぼく「ちょっとまて(ちょっとまて)」

イヤイヤイヤマテマテマテ(; ・`д・´)なんで今の時点で木曜、金曜と丸ごと休むことを確定させるのか。普通の社会人であれば、一晩寝て、朝までに体調を回復させようと努力するはずです。朝になっても回復しなければ、そのとき病院に行くと連絡すれば良いのです。朝に病院へ行き、インフルか風邪かを診てもらい、休むか午後出社するかを判断すべきでしょう。何故自力で回復する努力もせず、病院行きを確定させるのか。何故休みを確定させるのか。さらにさらに二日間も休もうとするのか。イミガワカラナイ('Д')

 ぼく「明日病院行くのはわかったけど、なんで明後日も休み確定なの?」
 A君「明日診てもらって金曜は体を休めようかと、、、」

あんた王様?どんだけ自分をお大事にする気なのか。

有給は労働者の権利です。使うと言われれば使用者側はほとんどの場合認めないわけにはいきません。休むことを咎めたり、休みづらい空気を出すことも許されません。ましてや体調不良の場合はなおさらです。むしろ休んでもらわないと困ってしまいます。しかし、突発休暇が発生すれば、その分の損失や負担が他の人達にのしかかる事もまた事実です。それをフォローし合うのがチームですが、その迷惑を最小限に留めようという意識がこの人間には全く見られません。これは今回に限ったことではなく過去に度々繰り返されていることです。

 ぼく「明日しっかり休んで、明後日出社することは出来ませんか?」
 A君「いやぁー、、、それはちょっとー、、、」

(#^ω^)

 ぼく「もしかして、また地元の病院行くつもり?」
 A君「えーまあその方が安心だし、、、」

このA君は驚くべきことに、体調を崩すたびに地元の埼玉に帰り、親に病院へ連れて行ってもらうということを繰り返しているのです。一人で病院に行けない大人がいるなんて、と思うかもしれませんが、いるんだから仕方ありません。要するに、地元に帰って病院に行き、その後実家で過ごすために二日間の突発休暇を計画しているわけです。

 ぼく「業務に支障があるので出来れば宇都宮の病院に行って欲しいです。回復したら金曜日に出社して欲しいです。明日診断結果を報告してください。」
 A君「はあ、、、わかりました、、、」

次の日の木曜日A君からの電話

 A君「インフルエンザと診断されましたw。」
 ぼく「診断書を会社に送付してください。(嬉しそうに言ってんじゃねえよ(# ゚Д゚))」

 A君「はい。インフルなので明日も休みます。」
 ぼく「そうですね、ではいつ出社できますか?」

 A君「え?出社?それは、、、うーん、、、」

復帰の日程を考えていない。。。仲間に迷惑をかけていることに責任を感じていれば、こんな態度はあり得ないことです。

 ぼく「医者はなんと言ってますか?」
 A君「熱が下がってから二日したら出てもいいと」

 ぼく「どのくらいで平熱に戻ると言われました?」
 A君「それは、、うーん、、、」

出来るだけ早く治して復帰したいという考えが一切無いどころか、出来るだけ長く休もうという想いがビシビシ伝わってきます。

 ??「次の水曜日くらいでいいんじゃないの?」

突如女性の声が聞こえてきました。まぎれもなく彼の母親で、これも過去に何度もあったシチュエーションです。地元に帰り、親と病院に行き、母親と相談しながら会社に報告をする大人が存在するのです。宇都宮の病院に一人で行って欲しいというぼくの要望は却下されたようです。
 
 A君「うーん来週の水曜くらいでしょうか?」
 ぼく「きみの母親の意見は聞いていません。医者の意見を聞きたい。土曜に平熱に戻れば月曜には出社できるのでは?」
 A君「えー、、うーん、、まあそうですが、、、インフルなんで熱がぶり返すかもしれないし、、、」

じゃあ50年くらい休んでろよ(# ゚Д゚)

この電話のやりとりの間、電話のむこうで彼の母親がずーっと咳払いやため息などをぼくに聞こえるように繰り返しています。息子は休むって言ってんだろというオーラをぼくに対して放っているのでしょう。

 ぼく「発症したのが今週火曜で、今日は木曜なので、現時点で来週水曜まで出社できないというのは疑問です。医者と相談し、出来るだけ早く復帰できるよう努めて下さい。」
 A君「はあ、、わかりました、、」

殺意が湧くぜ(; ・`д・´)

こんなにも自己中で無責任な人間がいるということに度々驚愕させられます。やはりアスペの疑いがある人間には、専門家の治療を受けさせるしかないと思います。それが出来ないなら、その人間とは関わらないというのが最善の解決策です。冷たい言い方かもしれませんが、あまりにも常軌を逸した言動を繰り返し、周囲に多大なダメージを与え続けているという現実の方がはるかに重大です。
混入した有害なウイルスと仲良く出来る生物はいないのです。

 | ホーム |  次のページ»»