最新記事


プロフィール

harinezumimaru

Author:harinezumimaru
はりねずみまる
サラリーマン 男 独身 37才 
お酒とたばことパチンコ好きのダメ人間
あとヤングジャンプも好き
あとポケモンカードも好き
相互リンクやブロ友大歓迎です!
記事に対するご意見ご感想ご指導などもお待ちしております。
ご気楽にお書込みください(´∀`)


カウンター


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


一子相伝の夜

~旅行3日目(前回の記事の続き)~

車内で一休みして体力回復しているときに気づきました。タバコがない!しまったなんてことだ買うの忘れてた。この島にはセーブオンというコンビニしかなく、その数もとても少ない。市街地から離れるとほぼ見つからないので愛煙家は要注意です。まあいいや。次元大介のように灰皿の吸い殻で急場を凌ごう。時刻はおよそ15時。ホテルのある町まで2時間ほどなので少し時間が余ったな。とりあえず北端の地に別れを告げて南下することに。来た時は島の東側の海沿いをドライブしたので今度は西側を通って帰るとしよう。少し走ると大野亀がちらちら見えます。もう歩くのしんどいのでここはスルー。いずれ会おう亀よ。さらに進むと来た時とはまた違う様々な奇麗な風景が広がります。

水田
水田

確か岩のりの養殖場
岩のり

たまに車を停めては景色を眺めてシケモクに火をつけます。貧乏くさいことをしつつ最高に贅沢なことをしている不思議感覚がたまりません。楽しくドライブしていると何やらデジャヴ感が・・・あ、ここホテル近くの道だ。気づかないうちに島をほぼ一周していました。記憶をたどって運転するとやはり見覚えのあるセーブオンが。早速入店してタバコとドーナツとお茶を買います。ドーナツいとうまし!時刻は17時さてどうしよう。明日は帰らなくてはならないのでやり残したことはないか考える。まあたった2泊じゃやり残したことの方が多いに決まっているが他にやりたいことはないかな?造船の歴史を見れたり宿根木という昔の街並みを残した町があったりするのだが時間的にちょっと無理っぽい。この島自体が昔の街並み感満載だしなあ。じゃあ最南端に行ってホテルに帰ろう。島を一周したという実績を作りたい。というわけでそのままドライブ再開。そしてあっさり道に迷う。ううむ夕日が眩しくて運転が怖い。南端を目指したはいいがどこが端っこなのかよく考えてなかった。まあいいや。それらしい灯台を発見したのでここを南端としよう。確か沢崎鼻灯台だったと思います。

灯台ぴんぼけ祭り
灯台

ついでに夕日に照らされた山
夕日山


よし!これにて佐渡島一周達成だ!かなり雑ではあるが厳密に言いだしたらキリがないし意味もない。まだまだ見どころが沢山ある島だからまた来たいな。

さてホテルに帰るか。今日は素泊まりプランなので外食をします。満を持して寿司を食べます。この海産物の宝庫である佐渡島に来て寿司を食べないわけにはいきません。回らない寿司屋にいざ出陣。とは言っても変に高級志向なお店にいくつもりはありません。ぼくの舌はそこまでグルメではないので新鮮なネタの寿司なら何でもokです。

寿司屋を探している最中海沿いにパーキングを発見。
人面

鼻が高い
人面2

ホテル近くの庶民的なお寿司屋さんに入りました。ご夫婦で経営されてる様子です。カウンターが5席ほど、座敷席にはテーブルが4つありました。カウンター2名、テーブルに4人グループが一組。月曜なのに繁盛してます。カウンターの真ん中に通されると左隣の常連らしいおっさまが即座に話しかけて来ます。

左おっさま「兄ちゃんどっから来たんだい?('ω')ノ」
ぼく   「あ、○○県っす(; ・`д・´)」

問答無用で旅行者と見抜かれました。なんだこのおっさまエスパーか?荷物は全部車で僕は手ぶらです。旅行者と判断する材料は一切ないはずなのに。ゴールデンウイークだからでしょうか?それともこのおっさまはこの辺の人間の顔を全て把握しているのか。とりあえず並み握りのセットを注文します。そしてその後も左のおっさまはよく喋る。僕は人見知りなのでこういう場で自分から話しかけることが中々できません。このおっさまのように話しかけてくれると逆に助かります。一緒に酒でも飲みたかったが残念ながら運転があるためお茶を飲んで会話をしていると、寿司屋の主人がカウンター内から握った寿司をぼくの目の前にぽんぽん置いてくれました。

ぼく   「いただきます。ぱくり。うまい!( ゚Д゚)」
左おっさま「おう!そーだろ!('ω')ノ」

左おっさまは自分の店であるかのように胸を張ります。良い雰囲気だ。こういう行きつけの店がある大人になりたいものだと思いながら寿司をぱくぱく。するとずっと無言だった右側のおっさまが寿司屋の主人に無言のままビール瓶を突き出す。お代わりかなと思っていると寿司屋の主人はグラスを持って前に出す。右の無言おっさまはまた無言のままそのグラスにビールを注ぐ。おお!なにこのやりとり!右の無言おっさまも常連だったのか!寿司屋の主人は軽くグラスを上げて礼を示しビールを飲む。なんだこのおっさま達かっけえな。そうかこういう風にやるのかー。ぼくは行きつけの店というものが無いためこんな気の利いたことは出来ません。いつかこんなことが出来るようになりたいものだなと思っていると

左おっさま「そうかそういう風にやるのかー('ω')」
ぼく   「!(; ・`д・´)(お前もかよ!)」

店の主人に一杯奢るというのは常連客の中でも一握りの者しか出来ない奥義なのだろうか。話を聞くと寿司屋の主人と無言おっさまは中学(高校だっけかな?)からの付き合いだそうです。確かにこの二人の動作には言葉を必要としない滑らかさがありました。左右のおっさま二人は面識がなかったようですがこれをきっかけに何やら会話をし出します(主に左おっさまが)。左おっさまは次から『奥義ビール奢り』を繰り出すでしょう。あんたなら出来る。佐渡島最後の夜は美味しい寿司を食べ、妙なおっさまに絡まれとても楽しかったです。

明日は帰らなくてはならない。物悲しい気持ちになるがしかたない。旅は必ず終わるものだ。しかし気を抜くのはまだ早い。明日もたくさん運転しなければならないので早めに風呂に入って寝たのでした。

次回 佐渡島旅行記事最終回!特にオチはありません(;´∀`)
スポンサーサイト

コメント

突然失礼します。

まずはりねずみがかわいい(*´ー`*)

行きつけのお店って憧れますよね

私も行きつけのbarがあります♪

絡まれてるの楽しそう

2017-05-18 13:29 まいタラ #- URL編集 ]

突然失礼します。

北沢浮遊選鉱場跡いいっすね(゚∀゚)こんないい場所知らなかった!絶対行こうと思いました。と、旅日記が好きなので非常に好みです♪写真も綺麗に撮れてて凄いなぁ・・・が、これ更新すごい大変だろうなぁって心配になる量ですな(;^ω^)

無理せず是非長らく続けてください。こちらでもLINK貼らせていただきます、よろしくメカドッグ!

まだ全記事読んでないのですが、パッと目についたポケモンカードが懐かしすぎる…これでMTGもやっててくれたら最高に話合ったでしょうねwあと行きつけのお店のくだりも親近感感じるなぁ。
2017-05-18 23:51 うみを #Zjy6sIu6 URL [ 編集 ]

まいタラさん初めまして!

まいタラさん初めまして!
コメントありがとうございます(*‘∀‘)
ぼくのはりねずみは控えめに言っても世界一かわいいですよ( `ー´)ノ
行きつけのバーがあるなんて恰好いいですね!
今後もよろしくお願いします!
2017-05-19 01:41 harinezumimaru #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

うみさんコメントありがとうございます!
たくさん読んでいいただき感激しています( ;∀;)
リンクまで貼っていただいてありがとうございます。
ゆるく長く続ける所存です!よろしくメカはりねずみ!

まだ始めたばかりなので更新は今のところ苦では無いですが、
これを何年も続けるのは凄いことだと実際にやってみて感じました(; ・`д・´)
現在三日連続で残業が5時間を超える日々が続いているため週末にでも次の記事書こうっと。
社畜レベルはぼくの方が上です!
2017-05-19 02:19 harinezumimaru #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |