FC2ブログ

アンチA.T.フィールド

気が付けば11月も半ばを過ぎ、年末調整の処理を終え、クローゼットの奥底から加湿器を引っ張り出し、出かけるときにはコートを着る季節になりました。

嘘だろ。。。(; ・`д・´)

なんという時間の速さか。このスピード感はもはや怖いくらいです。しかも、今後このスピードは衰え知らずで加速し続けることは明白です。恐れおののかずにはいられません。しかし先のことを考えてもしかたありません。こういう時は美味しいものを食べてヘラヘラしていれば万事OKです。というわけでいざ出陣。

七輪horumonn.png

最近一軒目は肉という流れが多いですね。空腹時の肉は、何にも勝る幸福感を得られます。今回訪れたお店は「ホルモン」が一押しらしく、これまでと一風変わった焼肉祭りを楽しめました。ホルモンは食感が柔らかく、凄くさっぱりしていておいしいですね。他にもカルビ、タン、カシラ、砂肝などなど、牛、豚、鳥の三つ巴肉大会でした。大量のキャベツと冷奴とシイタケもいとうまし!料理もさることながら、その他サービス色々充実してました。女性半額デー!とか、焼肉の匂いが気になる方は上着を入れる袋をくれたりとか、サイコロを振ってゾロ目ならハイボール無料!とか、色々と面白い試みがされていて楽しいお店でした。

お次はすぐ近くにあるレストランバー的なお店。このお店は以前から気になっていたのですが、いつ見ても席が埋まり気味の繁盛店だったので入れずにいたお店です。今日は時間も早いしどうやら席がありそうです。いざ入店。

キャンドル

テーブル席に通されると、鮮やかな赤い花が描かれた厚手のテーブルクロスとキャンドル。おしゃれている!お店全体がエキゾチック風味な雰囲気をふんだんに醸し出しています。席と席の間には、糸みたいなのれん(ストリングカーテンというそうです)で仕切られており、オープン過ぎず、かといって密室感もなく、ほどよいパーソナル感を作り出しています。コースターは真っ赤な毛糸で編まれたまん丸形状。毛糸のコースターなんて初めて見たぞ。天井にはこじゃれたカッコイイプロペラが沢山くるくるしており、照明も緑の草の飾り付けが上手に施されています。完全にクリスマスカラーですが、それを上手く抑えて控えめに演出されている感があります。BGMはOLD ROCK というか CLASSIC ROCK というか、なんというか懐かしい古い感じのロックミュージックです。良くわかりませんがビートルズ風味です。
素晴らしく素敵な店だなここは。様々な装飾品が店内の壁に所狭しと置いてあるのにもかかわらず、ホコリ一つなく綺麗に陳列してあります。そして店内全席禁煙。喫煙者のぼくにとっては若干気になる点ではありますが、ここまで綺麗ならそれも致し方なし。むしろその方がいいとすら思えます。外に喫煙スペースを設けてくれていますし全く問題ありません。
先ほどの焼肉で、満腹具合が8割に達していたので、ここは軽くコーヒーでも飲んでおくかと思ったのですが、何やら料理もおいしそうです。こじゃれた雰囲気に乗っかってワインなどを頼んでみよう。お通しがあるかもしれません。

キャンドル ワイン
赤ワイン
キャンドル お通し
そしてオシャンティーお通し
チーズとマカロニとエビとタコス。
全部うっまい(*‘∀‘)この店は食べ物も美味しいということが判明してしまいました。こうなったらやるしかない。禁断の焼肉の直後にピザを食す!

秋限定ぴざ
秋限定のきのこピザ。
うっひょー(゚Д゚)!
このピザは本当に美味しかった。生地は極薄でパリパリタイプ。トマトとベーコンとシメジのシンプル具材で、秋丸出しのサッパリ秋ピザです。これまで食べたピザの中でも相当うまい部類だぞこれ。焼肉後なのに全然気にならないどころか、もっと食べたいとすら思うほどです。とはいえ流石に満腹になっているのも事実。今日はこの辺にしてまた後日来よう。

あったかおちゃ
お会計の後で出してくれたあったかいお茶。なにやら沢山の穀類が入っているようで、ほんのり甘くていとうまし。最後までスバラシイぜ。

そして腹ごなしに夜の街をぶらつき、最後に訪れたのはバー。それもいつもと違って、繁華街からかなり外れた住宅街に溶け込んだ隠れ家的バーです。以前帰る途中でたまたま見つけたのですが、民家、民家、バー、民家、民家、民家。みたいな配列で、いくらなんでも隠れすぎだろと思わずにはいられない立地です。若干入りずらい感はありましたが、いざ入店。
カウンター席5~6。テーブル席は4人掛け×2。バーテンダー1人、オーナー1人、客はゼロ。まだ夜の11時前くらいなのでこんなもんでしょうか。適当にお酒を頼み、その二人の店員と会話を楽しみました。オーナーはロングヘア―にヒゲ面に黒ぶち眼鏡のスーツ姿というなかなかパンチの効いたいでたちですが、話を聞くとどうやらぼくと同じ小学校、中学校ということが判明します。しかもぼくの一歳年下なので、同じ校舎で生活をしていたということになります。なんともサプライズな出来事で大いに盛り上がったのですが、オーナーは他の店にも顔を出す仕事があるとのことで店を出て行きました。
残されたバーテンダーと会話をしていると、常連と思しき二人の客が来店しました。夫婦のような雰囲気の二人は、バーテンと朗らかに挨拶をし、いつもこんな感じなんだろうなと思わせる親密具合です。そして会話の中で女性客の方が本日誕生日であると判明すると、バーテンは無言でグラスを五つ用意し、シャンパンを用意しだしました。

ぼく(なんで五つ?他にもだれか来るのかな?)

そう思っていると、どうやらぼくたちにもシャンパンを振舞ってくれるご様子。マジスカ?インスカ?(; ・`д・´)こうして、つい数分前に初めて出会った人々とシャンパンで乾杯をし、不思議な気分になりつつもとても楽しい一時を過ごさせていただきました。

今回は良いお店を沢山見つけることが出来て本当に良かった。しかしそろそろぼくも一つの店に絞って通うという行動に出てもいいのではなかろうか?人と深く繋がることに二の足を踏む性格なのでそれが中々難しい。なんか気が引けるというか、勇気がいるというか。とはいえ他人との関わりも楽しいことなので、頑張ってみようかと思うこの頃です。
スポンサーサイト

未来予知

いよいよ本格的に秋真っただ中となってきました。夏や冬は「真夏」、「真冬」という言葉がありますが、秋は「初秋、仲秋、晩秋」と、分けた呼び名があるようです。なかなか洒落た季節ですね。そんなシャレオツシーズンに乗っかって、お上品なものを食べてきました。それがこちら

suisyou.png

寒くなってきたらやっぱり鍋でしょう。しかもこの鍋、なんと「水晶」で出来ているお鍋です。すっげー('Д')。・・・つーか「水晶」ってナニ?調べてみると、「石英」という鉱物から作られるモノのことだそうで、その透明さと硬さから色々なものに重宝されている模様。・・・あんま興味ねえ(´・ω・`)

mozukku.jpg

まあお料理は見た目が良いに越したことはありませんね。野菜投入!ネギ、エノキ、キャベツ、水菜、豆腐が入浴します。鍋の奥底には昆布と生姜が潜水しており良い香りです。そして目を引くのは「もずく」。糸状の海藻で、ぬめりが人気のあの人です。鍋にも参戦とはフィールドを広げてきましたね。野菜を煮ている間にお通しで一杯いただきます。

kuki.jpg

なんかの茎と湯葉をワサビ風味のタレで和えたこ洒落た一品。これうまー(*‘∀‘)なんかの茎は歯ごたえと香りが良く、湯葉はなんかやっこくてうまい。そしてワサビダレがさっぱりとしていて非常にお上品な味です。そして野菜が煮えた頃、満を持して主役の登場です。

baraniku.png

豚バラ肉
うひょー(*‘∀‘)うんまそー!中々のお値段ですが、それに負けないそのお姿。そうですこれはズバリしゃぶしゃぶという食べ物です。焼肉も良いですが、寒い日はやはりこちらでしょう。とはいえぼくは焼肉同様、しゃぶしゃぶも初心者です。あんまり食べる機会ないですよねこれ。まあとりあえずしゃぶしゃぶして食べよう。

しゃぶしゃぶ・・・
しゃぶしゃぶ・・・
しゃぶしゃぶ・・・

薄く切られているのであっと言う間に火が通りますね。とりあえずお肉だけでいただいてみます。

うっま!( ゚Д゚)
お肉が熱々でうんまい!薄いとは言え面積がでかいのでもっぐもぐ食べられます。肉の香りとポン酢の香りが顔面全体に広がります。とてもさっぱりしているので永遠に食べ続けられるとさえ思えてきますね。お次は当然野菜達と合わせて食してみます。お肉がでかいからとても巻きやすい。キャベツ、ネギ、水菜を巻き込んでいただきます。

うっま!( ゚Д゚)
こいつら全員シャキシャキしておる!野菜の歯ごたえと甘みが合わさり、さらなるお上品肉祭りが開催された模様です。さらにさらに影の主役「もずく」を登場させてみよう。前座に甘んじることの多いこの食材がこの晴れ舞台でどんな働きを見せてくれるのかお楽しみです。

うっま!( ゚Д゚)
もずくのぬめり食感は健在で、その風味も非常にポン酢に合う。一緒に食べたエノキも美味い。このコンビは地味ながら存在感が凄くありますね。もみじおろしや生姜おろし等で味を調整しつつ、ひと通りの食材を楽しんでいるとあっというまにお肉は食いつくされてしまいました。

お次のお肉の前に一品頼んでみました。

toriten.png
トリ天
その名の通り鳥の天ぷら。天つゆでいただくとさっぱりとしていていとうまし!もうお通しから一貫して全部さっぱりしている!一日でこんなにも「さっぱり」という言葉を使ったのは初めてです。

ro-su.png
豚ロース
お次は豚のロースです。これもまたでかいな( ゚Д゚)早速投入です。

しゃぶしゃぶ・・・
しゃぶしゃぶ・・・
しゃぶしゃぶ・・・

バラ肉同様無事煮ることができました。そのお味は

うっま!( ゚Д゚)
さっぱりしている!もうこの言葉しか出てきません。だってさっぱりしているんだからしかたありません。バラ肉もロースもどっちもうまし!

こうして絢爛豪華な水晶もずく豚しゃぶ祭りを敢行してきました。鍋は体が温まってとても良いですね。
ところで占い師の人があの店に行ったら、しゃぶしゃぶ食べながら水晶鍋で占ったり出来るのだろうか。水晶に映し出される未来、その向こうに揺らめく昆布。占い師が「さっぱり」を連呼しないといいのですが。

十四夜の月

一気に涼しくなってきた今日この頃、なんとも過ごしやすくてよい季節です。こんな秋晴れの日は飲みに行くのが礼儀というものでしょう。

一軒目に訪れたのは焼き鳥屋さん。前回の『カシラオートマチック』のお店とは違い、チェーン店風味のお店です。いざ入店!

店内はテーブル席とお座敷があったので、お座敷を選択します。席にはタブレットが置いてあり、それを使って注文するシステム。最近増えましたねこれ。とりあえず飲み物を注文すると、素早くお酒とお通しが運ばれてきました。あっさりしていて美味しいです。それではいざ焼き鳥の注文とまいりましょう。タブレットをポチポチポチ!


・・
・・・
・・・・来ねえ(;'Д')

ネギ間、鳥モモ、等々いくつか頼んだのですが中々運ばれてきません。もはや飲み物もお通しも無くなる勢いです。時間は午後6時過ぎ頃と早い時間なので、店内の席は4割ほどの埋まり具合です。まあ待つ意外ないだろうとお通しのキャベツを食べながら飲み続けます。

p-man.png
ようやく運ばれてきた串焼き
うむ、美味し!やはりピーマンは安定のおいしさですね。しかしこの料理が来た頃にはすでに一杯目のハイボールは無くなっています。間髪入れず頼んだ二杯目は


・・
・・・
・・・・来ねえ(;'Д')

お酒があると料理は無く、料理があるとお酒が無い。なんと噛み合わないことか。タブレット注文のため、こちらの意思がきちんと伝わっているのかも不明で、忘れられているんじゃないかと心配になるほど商品が届きません。やむを得ず近くの店員さんに状況を伝えると、「申し訳ございません!」と言って厨房に戻り、30秒足らずで飲み物を持ってきてくれました。一瞬で出来るんじゃないか(´・ω・`)。忘れていたのか?忙しいのか?今まさに届けようとしていたところなのか?真相はわかりませんがこちらはただ待つしかありません。

残念ながら味も品揃えもサービスの質も、前回のカシラのお店に遠く及ばないと言わざるを得ません。友人と会話をしているときも、

ぼく「ところで以前話した〇〇の件・・・」
店員「ご新規二名様!!いいぃるぁっしゃいあーせぇー!!」
友人「そう言えばこないだ久しぶりに・・・」
店員「ぅおお客様お帰りでぃっす!!ぅあありあっとござっしゃっしゃああぁ!!!」

うるせえぞ!(; ・`д・´)

たまにこういうお店ありますが、なんなんでしょうこの店全体に轟く怒号の様な挨拶は。お店の方針なのでしょうが、こちらの会話の邪魔になるほどの声量です。この謎の叫びについて考えてみよう。

① 元気よく挨拶して、お客様に気持ちよくなってもらう。
② 店内の雰囲気を活気づける。
③ 客の来店、退店情報を共有する。

こんなところでしょうか。①はわかります。元気の良い明るい挨拶は良いものです。②も③もお店の方針としてそれが必要だと考えているのなら良いでしょう。しかし②と③は歓迎やお礼の言葉を別の用途に利用しているとも言えます。そう解釈するとどうしても、心を込めた「言葉」ではなく、ツールとしての「音声」に感じてしまいます。「言葉」は伝えるべき相手にだけ伝えればいいのです。賑やかな雰囲気が好きという人もいるでしょうが、ぼくは静かなお店が好きなのでちょっと合わなかったですね(;'∀')

二軒目はイタリアンカフェに入ってみました。レストランやバーといった感じではなく、ファーストフード店のような感じです。入店後カウンターで注文して、先に料金を支払います。
pizza.png
ピザとアイスコーヒー。
ふっくらした生地にシンプルなマルゲリータで美味しいです。贅沢を言えばもう少し具材が沢山欲しかったですね。

三軒目は和風な感じの居酒屋さん。
いわし刺身
クーポンでゲットした無料サービスのイワシの刺身。
イワシの刺身って初めて食べましたがなかなかおいしいですね。めっちゃ魚の味がします。なんだこの感想(; ・`д・´)

asupara be-
ベーコンとアスパラ
この組み合わせはもう間違いないゴールデンコンビですね。お酒にも良く合って非常に美味しい!

しかしこの辺りから満腹感がえらいことになってきました。食欲の秋とはいえ流石に食べすぎた(;'∀')腹ごなしに夜の街を散歩します。

神社下
夜の神社

神社階段
神社の階段。怖し(;・∀・)

神社門
階段を登ると門は固く閉ざされていました。当たり前か。

神社上
階段の上から見下ろす我が街。暗いなおい(´・ω・`)

十四夜
見上げると月。
暑からず寒からず、秋はいい季節です。この月明かりの下をずっと歩いていたいと思うほどに。

暖衣飽食

夏休みの中頃、地元で飲みに行ってきました。この暑い中だからこそ飲み歩くのが楽しいのです。今回は焼き鳥屋さんに行ったのですが、何やら一風変わったシステムがありました。その名も『カシラ・オートマチック』。ぼくが勝手にそう呼んでいるだけですが、文字通り焼き鳥のカシラが注文しなくても自動的にテーブルに運ばれるシステムです。わんこそばと同じ感じですね。ただしこちらは、わんこそばのように早く大量に食べる競技ではありませんので、お店の人がお客さんの食事の進み具合を見て、良いところで一本ずつ持ってきてくれるというもの。そしてカシラはもうよい、となったら「カシラストップ!」と唱えると持ってこなくなるそうです。中々面白そうじゃないか、じゃあまずは飲み物を頼みしばし待つことに。お手並み拝見です。

かしら

おお来たカシラ!確かに注文していないのに持ってきてくれました。しかも予想に反してネギマになっています。これは嬉しい。そのお味はまさにカシラ。歯ごたえがありとってもうまし!( ゚Д゚)一本食べ終わってしばらくすると次の出来立てカシラがやってきます。お酒にとても合うしネギがいるおかげでしつこすぎずついついパクパク食べてしまいます。これは美味しくて注文の手間も省けてとてもいいんじゃないか?常に出来立てのおつまみが目の前に適量で用意されている状況。ぼくは殿様か!(;'∀')思わずそう錯覚してしまいそうな至れり尽くせり感があります。とは言えカシラオンリーではもったいない。他のものも注文しよう。

かしらしいたけ

しいたけを頼んでみました。なんという良い香りか。厨房からおかみさんらしき女性の声が「いいかおり~!」と聞こえてきます。自画自賛する気持ちもうなずける香りとお味ですよ。その後もカシラの合間に他のメニューを頼んでとても楽しい時間を過ごせました。カシラのタイミングは絶妙で、早すぎず遅すぎずのナイスパスの連続です。早い時間でお客さんが少なかったのも良かったのかもしれません。そして頃合いを見てあの合言葉を発します。

「KASHIRA STOP!」

味とテンポが良いせいで少し食べすぎましたね。しかしスバラシイシステムです。今後、『ネギマ・オートマチック』や、『レバー・オートマチック』などが出来たらさぞ面白いでしょう。

お店を変えてお魚のお店へ。

さしもり

海なし県ではありますがやはり刺身はうまし!ぼくの大好きなアジが品切れだったのが悔やまれますが、どれもおいしいです。

えびほっけ

贅沢品のエビと定番ホッケ。ハーフ・ホッケという小さめのものですが、十分なボリュームと脂の乗り具合です。なんともうまい生き物だ!

あさみそ

ゆきんみだいふく

シメの味噌汁とデザートを頼み、美味しいもの祭りここに極まれりです。

この勢いで、後日自宅でも豪華ディナーをやらかしてみました。そのメニューは

どみのぴざ

ピザ!みんな大好きドミノピザです。

どみのぴざ2

そのお味はマルゲリータ。もう美味しいに決まってます。
初めて宅配ピザを頼みましたが、すごく早くて驚きました。電話から15分足らずでお届けに参りましたよ。そして凄く美味しいのは言うまでもないのですが、やはりお高い(;'∀')もう少しお手頃価格ならもっと頼みたいのに。

ねずみにもおやつのミルワームを与え、食の夏を楽しんでおります(*‘∀‘)

赤い彗星

暑い・・・(; ・`д・´)
今年の夏は異様な暑さですね。もう危ないと言っていいほどの連日の暑さに流石に参ってきました。もちろん室内は常にエアコンで冷やしていますが、外出を繰り返すと気温のギャップで身体がおかしくなりそうです。てゆうか身体が少しだるい('Д')もう少し水分を摂った方がいいのか、睡眠の質が落ちているのか、エアコンの設定温度を上げた方が良いのか。
いや肉だ!肉が足らんのだ!ということで三度焼肉祭りに出陣です。

7rin.png

鬼のように暑い夏、赤々と燃える炭を目の前に置いてのお食事タイム。こちらのお店は食べ放題システムがあるのでそれでいくことに。タブレットを手渡され、それで注文するらしい。ハイテクな時代になったもんだぜ。

oniku.png
お肉!
前回行った高級焼肉店より質は落ちるものの、定額制の安心感はとても素晴らしいです。さあどんどん頼んで焼いて食うぞ!というワイルドなノリが楽しめます。

yakiniku.png
焼肉!
さあ焼けるがいい。この一番最初の焼き焼きタイムはなんとも心が躍りますね。焼けたお肉をレモンや塩で食べるといとうまし!焼肉は『焼く』という工程を経てから食べるので、食欲も美味しさも増して感じられます。さあさあ肉祭りはまだまだこれからだ!肉を食い、ソーセージを食い、肉を食う。そして飲み物はもちろん赤ワイン。肉には赤ワインが合うという意味が最近ようやくわかってきた気がします。ワインは三種類あり、まあコンビニでいつも買う3~400円くらいのチリ産のものに味がよく似ています。とても飲みやすくて美味しいですが、やはりお店で飲む赤ワインは常温が基本なんですかね。ぼくは少し冷たいくらいが好きなんですが。そうして頼んだ三種類目のワインは驚いたことに氷入り!

akawaine.png

ほへー!こんな飲み方あるんだ('Д')
飲んでみると当然ですが冷たくてとても清涼感があります。そして味が甘い!これはブドウジュースと言われたら信じるレベルで甘いです。しかしジュースのような人工的な甘さではなく、ブドウの甘さがそのまま入っている感じでしょうか。これおいしいわー(*‘∀‘)銘柄を完全に忘れたのが悔やまれる。

肉、肉、ワイン、肉、ワインときたらそろそろお野菜でしょう。焼き野菜軍団投入です。
yakiyasai.png

玉ねぎ、長ネギ、ニンジン、ピーマン、しいたけ、エリンギが参戦。彼らを肉と一緒に食べると、より一層焼肉のごちそう具合がアップします。それにしてもシイタケうまいな!エリンギもでかくて食感がよいのですが、やはり日本人はシイタケでしょう。

野菜達を食べ尽くし、最後の締めにとお肉注文。
yakniku2.png

チーズフォンデュで変化をつけてみます。とても美味しいのですがこの後半に来てのチーズはやや重い(; ・`д・´)しかしチーズは何にでもよく合いますね。これを完食し、デザートも頼んで焼肉祭りに幕を下ろしました。

今回は冷たいワインが一番の驚きポイントでしたね。甘くて冷たい非常に美味しいワインでした。その美味しさにハマり、沢山頼んで沢山飲んだ結果。。。
kobosita.png

こぼした(´;ω;`)
普段背の高いワイングラスを使わないので、ついうっかり手があたり倒してしまいました。ワインの染みは落ちにくいらしいのですが大丈夫だろうか。。。

焼肉屋 服に染み入る 赤い酒

 | ホーム |  次のページ»»