FC2ブログ

調和する不調和

最後に目指したのは岩手県宮古市にある「浄土ヶ浜」という海岸です。やはり遠くに来たからには綺麗な海を間近で見るのは必須でしょう。この「浄土ヶ浜」は三陸でも指折りの景勝地で、天皇皇后両陛下もご宿泊したとのこと。元号が変わるこのタイミングととってもマッチしているじゃないか。車をブンブン走らせて、到着したのはすでに夕方。しかし天気もいいし大丈夫だろうと歩いて行くと、遊覧船の最終便が出発するらしい。さっそく乗り込むぜ(*‘∀‘)

遊覧船チケット
滑り込みセーフで乗ることができました。するとなにやら船員さんがパンを売り始めます。小腹も空いたし一個もらおう。メロンパンかな?

写真うみねこパン
ウミネコのごはんか(;'∀')
すっかり自分で食べる気になっていましたが、船の周りを飛ぶウミネコにあげるウミネコパンでした。以前佐渡島に行くカーフェリーで大層楽しかった思い出があるので全然OKです。しばらくすると船が出港。

遊覧船1
思った以上に寒い。しかし海は夕日で黄金色に輝き、言葉では言い表せない美しさです。奇麗な波が巨大な岸壁に衝突し、大きなしぶきを幾度も放っています。

遊覧船2

遊覧船3
そしてその波は力強く、遊覧船は木の葉のように水面を漂います。そう、なんていうか、正直言って、

揺れすぎて怖いわ!(; ・`д・´)

遊覧船 傾き
写真を見てもらうと解ると思いますが、山の稜線の傾きがえらいこっちゃになっています。もちろん大地が傾く訳はなく、ぼくの乗っている遊覧船が右に左にと傾いているわけですが、その揺れが半端ない。もはや立っていることもできないほどの揺れっぷりです。船で酔ったのははじめてだぜ。なんともハードな航海でしたが、景色とウミネコは最高です。ギリギリ間に合って良かった。

船を降りた後は海岸を散策しました。歩いて15分ほどなのでとても気分の良いお散歩コースです。

浄土ヶ浜3
浄土ヶ浜2
浄土ヶ浜1
浄土ヶ浜4
凄くいい景色だ。
日の光に照らされた岩山は眩しいほどの白色で、発光しているようにさえ見えてきます。夕日色の切なさが、美しさと荘厳さを増しているように感じました。この景色を見れただけでも今回の旅はすばらしかったと断言できます。

素晴らしい景色を眺めていると時間はすぐに過ぎてしまいます。いつまでもこうしていたいが宿を探さなくては。無計画旅行のダメなところですね。しかし意外にも宮古市でビジネスホテルルートインを難なくゲット。観光地だけあって駐車場も広く、実にスムーズに宿泊できそうです。

壁2
壁1
ホテルに向かう道中の海岸
ビルの4階くらいに相当する壁がそびえたっています。まるで要塞のようなこの壁は防波堤で、現在も工事を行っているようです。岩手県の釜石市や宮古市と言えば、日本人なら多くの人があの震災を思い出すでしょう。その近辺を移動していると、津波到達地点を示す標識がいたるところに見られます。ニュースなどで何度も目にした映像ですが、実際にその場に行ってここまで波が来たのかと考えると恐ろしいとしか言いようがありません。この防波堤に関しては賛否あるらしく、景観、観光、生態系などへの悪影響を心配する声があるようです。しかしこの防波堤のおかげで津波の侵入を遅らせて、避難の時間を稼ぐことができたのも事実。なにが正しいのかぼくにわかりませんが、少なくともぼくがここに住むと仮定したら、世界一の防波堤を作って欲しいと望むでしょう。不謹慎であることは重々承知の上ですが、この壁からは人間の知恵と力と恐れと驕りの入り交じった不思議な魅力を感じます。綺麗なだけでなく、色々な感情を掻き立て息をのむ姿です。人間も自然の一部と考えれば、この光景も海や川や山と同様に、美しい観光資源として十分な価値を備えていると言っていいでしょう。

色々なものを見れて本当に楽しかった。ホテルのディナーで今回の旅をシメるとしましょう。

ホテル食事
カレー、ピザ、うどん、きむち、マカロニサラダ、チンジャオロース、山菜の煮つけ、銀だらの味噌漬け。
ビュッフェ形式でメインディッシュは銀だら料理。それ以外は食べ放題。好きなもの片っ端から集めてやったぜ!( ・`д・´)これら全部うんめぇー!ルートインの食事ってなぜかやたらうまい。特にたらがうまし!これで呑まないわけにはいきません。しかしどうやらお酒は自販機で購入するシステム。ウイスキーやワインは無いようなので、超久々にこれを購入

ホテル食事2
ビール!
あまり好んで飲まないお酒ですが、一口飲むとなぜかとんでもなく美味い。ビールってこんなおいしかったっけ(; ・`д・´)?歩きまくって疲れていたためか、レストランで2本。部屋に戻ってさらに2本のんでしまいました。

美しい景色、大きいお風呂、おいしいごはん、うまい酒、そしてたばこ(-。-)y-゜゜゜至福ここに極まれり!
スポンサーサイト

知らぬが仏

橋野鉄鉱山の次に向かったのは「釜石大観音」。高さ48.5mのとんでもなくでかい観音様です。今年で50周年をむかえたそうですね。

大観音 入り口

大観音 後ろ
でっけー!('Д')
真っ白なボディーの後姿はめっちゃ姿勢がよろしく、なんとも神々しい。えらいもん作ったな。

大観音 前

大観音あっぷ
正面からも見ることができ、表情はとても穏やかな微笑みを浮かべています。亡くなった方々の安らかな眠りと、現世に生きる人々の平和と安寧を祈念しているそうです。ありがたし!(*‘∀‘)

なんとこの観音様、中に入って登ることが出来るようです。早速お邪魔します。展望スペースは12階にあり、そこまでは全部階段。

観音 階段
これ結構きつい(; ・`д・´)
その道中には沢山の観音様や仏像が展示されています。圧巻なのは3階の「三十三観音安置所」。外壁にぐるりと観音様が置いてあります。

33観音
一つ一つ表情や姿勢が異なる様々な意味を持った観音様達です。細部まで彫り込まれたその姿は、今にも動き出しそうに見えます。人がいなくなった夜には、姿勢を崩してくつろいでるんじゃないでしょうか。

らせん状の階段をひたすら登り、ようやく頂上に到着。

観音 てっぺん
怖!(; ・`д・´)
柵で囲まれていますが、この高さはさすがに怖い。しかし景色は最高です。穏やかな海がなんとも美しい。観音様よ、この海をいつまでも見守っておくれ。

観音様内部探索を終え、小腹がへってきたので海を見ながらおやつを食べます。

おこのみ
豚肉と焼きそばが入ったお好み焼き。いとうまし!

釜石海
海なし県で生まれ育ったぼくは、海を見るとそれだけでウキウキしてしまいます。同時に海の怖さや厳しさを全く知りません。海に限らず、山や川にも同じことが言えるでしょう。防災に対する意識はなくさないようにしないといけませんね。

盛りの都

史上最長とも言われる10連休となるゴールデンウイーク皆さまどうお過ごしでしょうか。ぶっちゃけぼくは職業柄毎年10連休なので、いつも通りの感覚です。むしろそれくらいしか良い所のないお仕事なので、世間様もそうなってくると唯一のアドバンテージが無くなるじゃんか(´・ω・`)というネガティブな気分になってしまいます。どこいっても混むんだろうなあ・・・。しかし、「休む」ということは当然の権利であり、みんなが上手にリフレッシュ出来る社会になれば素晴らしいと思いますので、もっとバンバン休みましょう!日本の有給休暇消化率は世界的に見ても激低らしいですからね。これは恥ずべきことです。

というわけで、今回の連休も軽くおでかけをしてきました。コンセプトは混まないところに行く!あまりにも雑ですが、それはいつものことだし、どこに行っても大体面白いものです。まずは高速道路に乗って北に進みます。目的地も決めず、ただひたすら北上し、渋滞に巻き込まれるようなら下道に降りて考える作戦です。最早作戦でもなんでもないな(; ・`д・´)ところが思いのほか混雑が無く、長時間の運転による疲労の限界の方が渋滞より先に訪れました。そのお疲れ地点がこちら。

岩手 PA
岩手県の中尊寺PA
宇都宮から5時間ほど運転したでしょうか。天気も悪かったので逆にスムーズにここまで来れてしまいました。

kuma pa
うそん(; ・`д・´)
まさかハイウェイで熊におびえることになるとは。足早にトイレを済ませて車に戻ります。

さてどこに宿泊しようか。調べるとここから小一時間で盛岡市に行けそうです。盛岡には行ったことがないし、東北でも指折りの繁華街。ホテルも飲食店も沢山あるのでここにしよう。すでにコンセプトはブレブレですが、やっぱ有名な街の夜を散策するのは楽しいですからね(*‘∀‘)

到着すると相当観光客でにぎわっていましたが、かなり運良くホテルも駐車場も難なく確保できました。年季の入ったビジネスホテルですが、ベッドとトイレとシャワーさえあれば文句はありません。チェックイン後すぐに夜の街をぶらぶらします。盛岡市は噂に違わず活気があっていいですね。我がホーム宇都宮の様な地方都市っぽさが似ていて親近感が沸きます。しかし気温が低い。息は白く、高速道路の外気温の表示は3℃になっていました。さすがに400km近く北上すると全然違うな。疲れていたし、寒いし、お腹も空いていたので、歴史のありそうな居酒屋にさっさと入店。店内は広々としていて、まさに古き良き居酒屋といった感じ。店員さんは高齢のじい様達と、その孫のような若い女性たち。まるで家族のようです。石油ストーブの近くのカウンター席に通されました。暖かし('Д')!

iwate otosi
ハイボールとお通し二品
お通しが二品とは斬新ですね。大根の漬物のようなものと、プリンのような食感の甘みのあるお豆腐です。どちらもさっぱりとしていて美味しい!

gobou.png
ごぼうの唐揚げ
これうっまー!('Д')カリッカリで香ばしくて甘くて柔らかい。ゴボウってこんなにうまかったのか!本気でおかわりしたくなりました。

岩手ししゃも
ししゃも
まちがいなく美味い。たまごぎっしりでさいこーです。

塩しいたけ
しいたけ
とてもいい香りだ(*‘∀‘)いただきます。じゃり。

じゃり?
・・・・
・・・
・・

しょっぺー!!(;´Д`)
なんだこれ?なんだこれ?とてつもなく塩辛い。写真ではわかりませんが、しいたけの裏面に大量の塩が付いています。まぶしてあるとか、かかっているというレベルではなく、小さじに軽く一杯ほどの塩の層が張り付いている感じです。どう考えてもあり得ない量です。何かの手違いで塊が付着してしまったのか?そう思い別のしいたけをぱくり。

じゃり。
・・・・
・・・
・・

清める気か?(; ・`д・´)
ひっくり返して確認すると、六つのしいたけ全てが同じ状態。もしかしてこれが岩手ではスタンダードなのか?とてもじゃないがそのままでは食べられず、塩の層をそぎ落としながら食べましたがそれでも驚異的な塩分濃度。四つ食べたところで完食を諦めました。どうしても気になったので、この塩の量について店員さんに尋ねてみました。

ぼく「このしいたけ塩味が強く感じるんですがこの土地の食べ方ですか?」
店員「いやぁ~すいません。たまに言われるんですが作ってる人間が高齢なので・・・」

ふうーむ。年寄り好みの味ということでしょうか?店員に礼を言ってチラリと別の席の皿を見るとそこでもしいたけが放置されています。やっぱ皆食えないんじゃんか(;'∀')その後同じ店員さんにこの土地ならではのメニューは何かと尋ねたところ、おすすめされたのがこちら。

やまいも納豆
山芋と納豆の揚げ物
なかなか勇気のいるものを頼んでしまったぜ(; ・`д・´)。納豆は大好きですが、この食材は加熱すると匂いが激増します。とはいえ聞いといて頼まないのかよと思われたらどうしようというびびり特有の妄想が発動してしまい、注文してしまいました。そしてそのお味は・・・

うまい!(*‘∀‘)
熱々でカリカリに揚がっていて、納豆と山芋なので醤油が良く合い美味しいです。納豆の量も味付けも控えめで、さっきのしいたけからは考えられないさっぱり薄味。ほっと一安心ですがやはり納豆は冷たいほうが美味しいと思うな(´・ω・`)

いい感じにおなかもいっぱいになり、疲労とお酒で眠くなってきたのでこの日は早々に就寝です。盛岡は良い街だ!

籠の鳥雲を慕う


リフトを降りてしばらく歩くと看板がありました。
注意
この看板を左に行くとお釜を近くから見ることが出来、右に行くとレストハウスや遠くからお釜を鑑賞できるスポットがある模様。まずは右に向かいます。

砂利道
一見整備された道に見えますが、砂利や小石で歩きづらいです。

鑑賞スポット遠1
お釜鑑賞ポイントに到着。
雲に覆われてほとんど白色しか見えませんね。

鑑賞スポット遠2
雲の切れ目にうっすらとエメラルドグリーンが見え隠れしています。よしここからじゃ無理だ。近くに行こう。

そのまま歩いて行っても良かったのですが、一旦リフトで戻って車を頂上のレストハウスまで移動させることにします。食事やお土産を買いたかったので。

リフト乗場2
まじか・・・(; ・`д・´)
リフト乗場は来た時よりガスが濃くなっているように見えます。数メートル先が真っ白で何にも見えないじゃないか。しかし係員さんは何事も無いように平常運転で仕事をしています。怖いけどこのリフトに乗らないと車に戻れません。意を決して乗り込みます。

・・
・・・

怖かった(;´∀`)
無事到着し、安心して一休みしていると小腹が空いてきました。売店で暖かいコーヒーと軽食を購入。
たまこん
玉こんにゃく
その名の通り、玉状のこんにゃくが串に刺さっています。なんとも地味な食べ物だなと思っていましたが、これが予想を超える美味しさでした。プリプリとした食感と、内部まで染みわたった醤油味とカラシがとてもよく合います。寒かったので、その暖かさもあり難きものでした。

車に戻り、改めて頂上に向け運転再開です。ここからだとアッと今に到着ですね。駐車場に車を停め、先ほどスルーしたレストハウスで食事をしました。
お釜山菜そば
山菜そば
お山にきたらやっぱ山菜そばでしょう。これも暖かくて山菜の香りも良くていとうまし!

さて食事も済んで雲も若干晴れてきた様子です。お釜に近づいてみよう。

近接鑑賞スポットまでは中々の距離があり、足元は石と岩と傾斜で歩きづらく、標高のせいで空気も薄く、寒さと強風も強敵です。そんな中で息切れしつつもやはり楽しい。こんなお山を歩くことは滅多にないので、目に映る景色や高山植物たちが珍しいものばかりです。
お釜てすり
そしてついに鑑賞スポットに到着。この手すり越しにお釜を見やると。。。

お釜2

・・・!(; ・`д・´)
言葉にならない・・・。息をのみ、身動きも瞬きすらも出来なくなるような気分です。
なんというスケールか。すり鉢状の火口にできたエメラルドグリーンの湖は、雲の影と太陽の光で湖面に様々な模様を作り出しています。模様は風に合わせてその形を次々に変化していき素晴らしく美しい。こんなにも穏やかでダイナミックで美しい景色を見るのは初めてです。これが噴火の爆発で出来たものだというのだから自然の力の無茶苦茶ぶりには驚きです。しかしこれはいつまでも見ていられるな。雲の動きで湖面やガスが色々な表情に変わります。湖の中には生物は一切いないそうで、標高の高さも相まって怖いほどの静けさも感じます。そしてやっぱり寒い。歩いているときは気になりませんでしたが、立ち止まって強い冷風にさらされると一気に寒くなってきます。少し歩くか。

写真登山
鑑賞スポットからさらに山を登ってみます。相変わらず足元は悪く、さっきまで晴れていたのが嘘だったかのように雲で視界が真っ白になります。

火星
火星か?(; ・`д・´)
地面が赤くなってきて、どこかの別の惑星にきたような景色です。風に混じって水滴がとんできました。雲の中のできたての雨でしょうか?すれ違う人もほとんどいなくなり、登りの傾斜だった道がほぼ平坦になったところで引き返すことにしました。真っ白で幻想的な世界をただひたすら歩くのは何とも言えず楽しいのですが、それ以上に視界が悪すぎて非常に怖いです(;'∀')

引き返す道中、お釜と再会してその姿を改めて鑑賞します。どう考えても最高です。ほんと来てよかった。名残惜しいですがいつかまた訪れることを誓い、お釜に別れを告げます。

無事レストハウスまで辿り着いたので、おやつを食べます。歩きながら絶対あれを食べてやると思っていました。

牛タンフランク
牛タンフランク。
最も高価な軽食です。これとファンタグレープを購入しておやつタイムです。しかし今日はよく食うな。やはり登山はエネルギーを消費するものなのか。牛タンフランクは非常に肉感が凝縮された一品で、中々のボリュームです。肉好きにはたまらないそのお味は非常にうまし!( ゚Д゚)お土産も購入して今回はこの辺で引き上げることに。この『お釜』は、とてもお手軽に訪れることができ、スバラシイ絶景が見ることができます。是非多くの方に見て欲しいですね。

雲

山頂の海

夏休み突入!・・・とはいえ今年は暑すぎる(; ・`д・´)休暇中のスケジュールもあるし遠出はやめておこう。しかしどこか良い感じの景色を見ておきたい気持ちもあり、一泊だけして帰ってこれるお手軽スポットを探しました。海か?海はスバラシイ。是非見たい。しかしこの酷暑の夏の海はどうしたって混むでしょう。この暑い中渋滞や混雑はちょっと。。。しからば山か。標高が高ければ涼しかろう。というわけで涼しいお山を目指し北へ向かいます。

目指すは『蔵王山』。ウインタースポーツを全くやらないぼくには無縁の地ですが、蔵王山の名物『お釜』が見たい。実は数年前のGWに立ち寄ったことがあったのですが、その時は雪が多くて『お釜』を拝むことが出来ませんでした。今回はいかに?

yamagata.png
山形駅

旅行とも呼べないような無計画移動の末山形駅に到着。一度も宿泊したことが無かった山形の街をフラフラ歩いていると、すっかり日が暮れてしまったのでこの日は無理せず休むことに。知らない街を散歩するのは楽しいものです。

翌朝は快晴。もう何も考えずに『お釜』に向かいます。今回の目的はこれだけだ。お釜見たら帰る。オカマオカマ!

山形市から車で30分ほど走ると山道に差し掛かり、さらに30分ほど山道を登ると目的地です。非常にお手軽に行けていいですね。
目的地まであと数百メートルという地点で『リフト乗り場』を発見。どうやら車で頂上まで行かなくてもリフトで同じ場所まで行けるようです。よっしゃ乗ってみよう( ゚Д゚)

リフト券

リフト
怖っわ!(; ・`д・´)
スキーもスノボもやらないぼくにとってこの乗り物は脅威です。なんなんでしょうこの必要最低限ぶりは。雪が積もるともう少し安心感があるものなのでしょうか?スタート直後、左手側のテントからお声がかかり、笑顔を要求されます。パシャリと写真を撮られ、帰りに記念写真を購入できるシステムのようです。両手でしっかりと支柱を掴み、引きつり気味の笑顔を張り付けた記念写真など買う気はしませんが一応にやけておきました(;'∀')bb。

リフト降り
リフト無事クリア
リフトからの景色は素晴らしく、怖くはありましたが乗って良かったと思いました。両手を離せないため写真撮影出来なかったことが悔やまれます。紐付きで落っことさないようなカメラならきっと綺麗な写真がとれたことでしょう。

ところで上の写真を見てお気づきとは思いますが、めっちゃ曇っています。ていうか雲っています。晴れとか曇りとかいう以前にここがまさに雲の中。目の前を真っ白い空気が猛スピードで移動しているのがはっきりと視認できます。そして当然ですが寒い。気温もさることながら、風の強さのおかげで体感温度は冷蔵庫の中にいるようです。歩いていれば丁度良いくらいの気温かもしれませんが、この時期でも長袖は必要だと感じました。

リフト降り2
雲の中なんてめったに来ることがないので、それだけで何やら浮かれた気分になります。得体のしれない幻想的な山道は、歩いているだけで涼しくて気持ちよくて楽しくなりますね。しかしこのコンディションで『お釜』は見れるものなのか?若干不安になりつつも、この雲海水浴で満足しかけていたので気にせずただただ歩きました。

後編に続く( ゚Д゚)

 | ホーム |  次のページ»»