FC2ブログ

最新記事


プロフィール

harinezumimaru

Author:harinezumimaru
はりねずみまる
サラリーマン 男 独身 37才 
お酒とたばことパチンコ好きのダメ人間
あとヤングジャンプも好き
あとポケモンカードも好き
相互リンクやブロ友大歓迎です!
記事に対するご意見ご感想ご指導などもお待ちしております。
ご気楽にお書込みください(´∀`)


カウンター


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


決戦前夜

日曜日のお昼は人間は何もしなくても腹が減ることを実感します。冷蔵庫には卵と豆腐とキムチと納豆。米を炊けば豪華なランチが出来そうです。しかし急にラーメンが食べたくなってきました。外で食べてもいいのですが、ラーメンはどうもコスパがよろしくない印象があります。ラーメンに限らず外食はどうしても割高になってしまう感がぬぐえませんね。よし、インスタントラーメンを買ってきて作ろう。どうせ味なんてわからないんだ。カップラーメンも好きですが、インスタントラーメンの安さに比べるとどうしても高級品な気がして二の足を踏んでしまいます。

向かった先はスーパー。それも業務用の商品を扱う激安スーパーです。自宅の近くにあるのですが、閉店時間が20:00と早めなため平日は中々行けません。だからこそ商品が安くできるというのもあるのでしょうね。

店内で商品を物色すると驚きの安さ!見たこともない商品が沢山並んでいます。さすが業務用、大量に購入すればこんなにも安くなるのか。とはいえ多すぎて買えないというようなこともなく、一人分でも十分買い物が出来る品揃えです。ウイスキーが売ってないのは残念ですが、もうコンビニなんて行けないぞ(; ・`д・´)

今回購入したのはこちら。無駄に商品紹介をしてみましょう。

れしーと

安っす!(; ・`д・´)
こんだけ買って三ケタに届く商品は二つだけ(;'∀')ラーメンは五袋入りだし、トマトソースは三食分です。そう考えると一つ一つは全て100円未満。価格破壊の現場を見た気分です。インスタントラーメンはとても美味しいです。36円ほどのラーメンに19円のもやし炒めと冷蔵庫にあった卵、キムチを投入します。美味すぎる・・・('Д')!当然お店のラーメンに比べたら劣るものだし、人様に出せるようなものでもありません。しかしこの価格差を考慮に入れるならぼくは断然自分で作った方に軍配を上げますね。野菜の種類を増やしたり、肉を入れたりすればもっと美味しくなるし、そうしたところで価格競争の大勢に影響はありません。なによりも自分で作ると3割増しで美味しく感じる物です。

クラッカーはお酒のおつまみやおやつにします。それだけだと味気ないものですが、一緒に買ったベビーチーズ(四個入り)と一緒に食べるととても美味しいです。パスタ用に買った大盛トマトソースと合わせても美味しいので非常に効率的です。

飲み物部門の炭酸水はハイボールを作る用です。1000mlでこのお値段はお得感がありますね。そして500mlペットボトルのお茶が56円。もうコンビニや自販機では買えない体になってしまいそうです。3分の1じゃないか!( ゚Д゚)

他にも色々と安い物が目白押しで、ウキウキ感が凄いです。なんてお得で楽しいショッピングなんだ!安いからと言って品質が悪いことも全く無く、これからは毎週来てやると強く思うほどです。

およそ8食分の食料と飲み物とおやつまで買って800円。下手したらねずみの食費と同じくらいになるんじゃないか(; ・`д・´)?
外食だったら一回で消える額です。まだまだ家計改善の余地はありますね。

これでタバコの値上げも怖くない!かかってこい!( ゚Д゚)y-゜゜゜
スポンサーサイト

脱ハット

先日車を運転していると何やら違和感が。何かはわかりませんがどうにも変な感じがします。アクセルか?ブレーキか?ハンドルか?色々な場所の操作感に注意してみても特に異常はありません。交通量の少ない小道に入りゆっくり運転しているとようやくわかりました。音です。明らかに異音がします。何だこれ何だこれ!(; ・`д・´)かなり怖かったので、コンビニの駐車場に入り、車の様子を見ることに。しかし特に変わった様子は無く、全て正常に見えます。なにしろ先日車検を通したばかりなので、急に故障するとは考えずらいのですが、どうにも心配で車に乗ったり降りたりして音のチェックを繰り返しました。そこで窓を開けてエンジン音を聞いてみようとしたところ、

ぼく「窓スイッチポチ。」
窓 「ウィ~・・・バキ!」
ぼく「ビクゥ!(; ・`д・´)」

パワーウインドウが開く途中で凄い音がしました。えぇ~・・・?どういうこと?一応全開まで開いたので今度は閉じてみます。

ぼく「窓スイッチポチ。」
窓 「ウィ~・・・」
ぼく「閉まりきってねえ!(; ・`д・´)

なんと運転席側の窓がほんの少しの隙間を残して止まってしまったのです。そのせいで運転中の音がいつものと違ったようです。しかも厄介なことに窓が少し傾いている。そのせいで窓が後部座席側の窓に少し接触しています。こらあかん(´・ω・`)この故障の原因は思い当る節があります。つい先日車を降りようとしたときに、窓の外側にハチがとまっていたのです。それを追い払うために窓を内側からドン!と叩いたことがありました。原因は恐らくそれだろうと思いますが、そんなに強く叩いてないのになあ。いずれにしてもこのままではまずいので週末にでもどっかで修理してもらおう。

凄い音がするものの一応開くし、閉まり切らない隙間は10mmほどです。2~3日は問題なかろうと思っていたのですが、ある日窓を開けようとすると、

ぼく「窓スイッチポチ。」
窓 「ウィッ・・・」
ぼく「全然開かなくなった(; ・`д・´)」

一瞬窓が動くものの、全く開きません。こらあかん(´・ω・`)閉じた状態でフリーズしたのは不幸中の幸いですが、運転席側の窓が全く開かないというのはとても不便です。ガソリンスタンドや有料駐車場や有料道路やタバコを吸うときなど、窓を開けたいときは数多くあります。普段当たり前に出来ていたことが出来なくなるとこんなにも不便なのか。

そして本日ついに修理のお時間がとれました。早速カウボーイハットのカー用品店に駆け込みます。状態を説明すると、修理できるかどうかを点検するとのこと。車のキーを渡してレストルームでお茶を飲んでいると、ぼくの車に二人のエンジニアが歩み寄って行くのが見えます。その二人はぼくの車の窓を見て、一言か二言言葉を交わして引き返してきました。ん?ドアも開けないどころか指一本触れずに戻ってきちゃってるよ?そう思っているとすぐに店員さんがやってきます。

店員さん「申し訳ありませんがここでは修理できなそうです。」
ぼく  「そうですかー」
店員さん「ディーラーさんにみてもらうしかないですね。」
ぼく  「わかりました。ありがとうございます。」

見切り早くね?(´・ω・`)
素人のぼくが言えることではないですが、ちょっと開けて中を見るとかくらいしてくれてもいいんじゃないかな?窓の状況は、スイッチ操作をすると「ウィッ」と一瞬動いて止まるというもの。電気系統のトラブルというよりメカ的なトラブルな予感がしています。内部機構をいじくればなんとかなるかもという淡い期待もあったので、ドアすら開けない点検には少しがっかり。
しかしプロがそう言うのだから従っておこう。ディーラー行くか・・・。先日の記事でのあれこれがあったのでちょっと気まずいな(;'∀')まあ別にいいか。近いし直接向かうことにしました。

その道中『オートバックス』を発見。ほう。ダメもとでちょっとみてもらおう。先ほど同様状況を説明して点検をしてもらうことなりました。オートバックスのエンジニアさんによると、部品が必要な場合取り寄せで4~5日、金額は2~3万円ほどかかるかもしれないとのこと。とりあえず点検をして正確な見積をお願いしよう。高いけど直さないわけにはいきません。
休憩所からピットを眺めているとぼくの車のドアの内部まで見てくれている様子。そうそうこれだよ。直せないにしてもこれくらいは見て欲しいものです。

30分ほど休憩所でくつろいでいたら店内アナウンスで呼び出されました。車に戻ると

エンジニア「今こういう感じです。」
窓    「ウィ~~~」
ぼく   「凄い!直ってる!(; ・`д・´)」
エンジニア「完全に正常ではないですが、開閉と窓同士の接触はOKになりました。」

点検のはずが直っちゃってます。
エンジニアさんの説明によると、内部のストッパーが脱落していた模様。とりあえず動くようにしたが、今後不具合が出るようならディーラーさんに持って行った方が良いと言われました。なんというプロフェッショナルだこの人は。高額の修理代と時間を費やすことを覚悟していたので、心底ありがたいご対応をしていただけました。しかも今回の工賃はいらないとのこと。まじすか・・・(;'∀')。30分くらい作業してもらった上に直してもらったのにですか。なんか申し訳ない気持ちにすらなりましたが、お言葉に甘えてそのままお礼を言って去ることにします。ジュースくらい買ってあげるべきだったか?

流石天下の『オートバックス』。その技術力とサービスに脱帽です。

スケアクロウ

夏と言えば健康診断。ぼくはいつもこの時期に健康診断を受けます。これまで通り健康であることを祈りつつ、様々な健診を受けてきました。そして今回も憂鬱な胃カメラに挑戦します。今回で3回目とは言え、あれはなかなか慣れるものではありません。想像しただけでオエっとした気分になります。しかし聞くところによると、口からカメラを入れる方が遥かに難易度が高いらしく、「地獄」だという声も耳にします。なんでも口からの方が太いカメラを入れられるらしく、より鮮明に内部の診察が出来、病気の発見率が高まるのだとか。あるいは鼻からの経路が狭い人なんかは、口からしか侵入不可能という場合もあるようです。ぼくは過去2回共、鼻からだったので今回もそれでいくことにしました。若干の痛みや苦しさはあるものの、耐えられるレベルであることはわかっています。口からは絶対無理な予感がします。そうして当日、いよいよ胃カメラタイムとなり、待合室で鼻や喉に軽い麻酔をしてもらい椅子に座って待っていると、診察室の中から悲痛な叫び声が。。。

おっさん「お゛お゛お゛ぅえ゛え゛え゛!!!!」

アザラシか!(; ・`д・´)
先日行った水族館のアザラシの鳴き声のようなものが院内に響き渡ります。恐らくこの苦しみ様は口からルートを選択したのではないでしょうか。悶絶ボイスが数回発せられ、こちらの緊張感も高まります。しかしぼくは鼻からルートで今回が3回目なので、すんなりと終わってしまいました。看護婦さんや技師さんからコツを聞いて、それを実践すると非常に楽になります。そのコツとは、目を閉じない、体の力を抜く、よだれを垂れ流す、あーっと声を出す、ゆっくり深く呼吸する、などです。最初にカメラが喉を通過するときは流石にオエっとなりますが、それ以外はこのコツを意識していると結構楽です。是非お試しを。

そんなこんなで無事検査を終えて数日後友人と飲みに行ったのですが、友人の第一声が「今日はビールやめとこ」でした。もともとビール好きでもない人ですが、とりあえず一杯目はビールという人種です。どうかしたのかと聞いたところ、健康診断の結果がかんばしくなかったようです。肝臓の数値が悪かったらしく、『要精密検査』の烙印を押されてしまったと大層恐れています。しかしそうなるとぼくも他人ごとではありません。なにしろその友人はタバコは吸わず、お酒は月1程度、ジムに通い、バイクに乗り、実家の農業を手伝うというヘルシー野郎です。それに対してぼくは、タバコ吸う、お酒はほぼ毎日、体はほぼ動かさないという不健康祭り。ぼくの方がどう考えても体によろしくない生活を送っているので、健診の結果が怖くなってきました。そして後日届いた結果は。。。

ほとんど悪いとこ無し!('Д')

うひょう嬉しい!血圧、腎尿、脂質、血液、肝機能、尿酸、等々全て異常なし。やはりお酒とたばこは適量なら健康に良いのではないか?しかし全てが完璧とはいかず、気になるところも。視力検査が『初見あり』となっている!なにこれ怖い(´・ω・`)判定はアルファベットのコードというものがあり、今回視力検査は『Ⅽ12』というもの。Ⅽ判定のなかでは一番ましな位置ですが、『日常生活に注意して、年一回の健診をお受け下さい。』と書いてあります。ぼくは昔から目が悪く、眼鏡とコンタクトレンズを使っています。仕事柄目を酷使することが多く、目の疲れを感じることもしばしばです。パチンコやさんに行かなくなったのも、殺人光線に耐えられなくなったのが大きな要因です。やはり目はいたわる必要がありますね。とりあえず経過を見て、気になることがあったらコンタクトを作る際の眼科健診で質問してみようと思います。

健康の有難さは失って初めて気づくものです。今は調子よくても、来年はどうなるかわかりません。ぼくのような自堕落生活を送っていればなおさらです。よし、ここはひとつ体を動かしてみようか。いきなり激しい運動はできないので、少し歩くというのはどうだろうか。いわゆるウォーキングというやつですね。歩くのは好きだしやってみようかと思ったのですが、うーむ。。。暑すぎだろ(; ・`д・´)。危険なまでの猛暑の中、ちょっと歩く気になれません。せめてもう少し涼しくなってからにしよう。他になにかないかと調べてみると、『片足立ち』というものがウォーキングの代わりになるという情報がありました。文字通り、片足で立つだけです。これがほんとなら空調の効いた室内でお手軽にできそうです。しかも1分間の片足立ちが30分間のウォーキングに相当するらしい。うっそだー!('Д')そんなおいしい話があるわけなかろうと、実際にやってみると思いのほかきつい。これはホントにそれくらいの効果があるのではないかと感じるほど下半身が疲労します。さらに片足立ち状態で目を閉じることで平衡感覚を測れるとのこと。20代が一番優れているらしいですがぼくはどうだろうか。

4秒('ω')

言うまでもなくひどい数字です。不思議なことに目を閉じると途端に体がゆらゆらしはじめ、それを立て直すのは至難の業です。これを一分とか二分とか維持するとかほんとかよ。しかし練習を繰り返せばバランス感覚が良くなり、下半身や体幹が鍛えられるようなので、ぼくのように全く体を動かさない人にはお勧めのお手軽トレーニングだと思います。

暑すぎる日々が続きますが、元気に食事や飲酒が出来るよう、身体のケアをしていきましょう('Д')

姥捨て山

自動車税に続き車検の時期がやってまいりました。まったくどれだけ維持費がかかるのか。。。こんなにもお金がかかっては、若者の車離れもうなずけるというものです。車が無くても生活できるような所に住んでいたらマイカーなんて持たない方がずっと経済的でしょうね。とはいえぼくの生息地は車がないと非常に不便な田舎ですのでそうも言ってられません。いつものディーラーに車を預け、車検の手続きを進めてもらいます。その間代車として借りたのは、そのメーカーの売れ筋商品であるコンパクトカー。ほぼ最新のモデルでしょうか。エンジンの始動はボタン式、走行を始めると、「携帯電話が接続されていません。忘れていませんか?」と、謎の問いかけ音声が流れます。恐らく携帯と連動させるなんらかのシステムがあるのでしょう。ルームミラーは液晶になっており、バックする時は車の背面や側面をカメラで捉えて映し出します。他にも、追突防止機能や、燃費の表示や、様々なドライブモードの切り替え機能などなどを搭載したハイテクぶりには驚かされました。

ほとんどいらんけどな(´・ω・`)

ハイテク音痴のぼくにとっては、驚かされはするものの、自分が使いたいとはあまり思いませんでした。こんなエレクトリカルパレード状態にして修理代がお高くなるくらいなら、シンプルでアナログな方が良いと思いますけどね。しかし普段と違う車は乗っていて楽しいものです。無駄にドライブなどをしているとディーラーから電話が。

ディーラー「車検の件なんですが見積額が高くなってしまいまして、、、」
ぼく 「ほう。おいくら万円かね?」
ディーラー「✖✖という部品と▲▲という部品とタイヤとあれこれ云々が車検を通すために交換が必要でして、、、○○万円になります。」
ぼく 「うそん!(; ・`д・´)」

ディーラーの見積額に腰を抜かしてしまい、しばし考えたのですが、あまりの金額のため一旦作業を停止してもらうことに。見積の詳細を見ながら決めたいので明日そちらに行ってもいいかと聞いたところ、快諾してくれました。

次の日ディーラーで見積書を見ながら再度詳細な説明を受け、車検を通すならこの額になりますと、改めて驚きプライスを提示されました。ふむふむ。

車検を通すために必要最低限の金額ではないのでは?(´・ω・`)

見積の中には、車検に関係のないメンテナンスサービスが含まれていました。これは車検のタイミングで毎回お願いしているものなのでぼくも承知の上のものですが、これを差引いた額が純粋な車検代であること最初に言って欲しかった。とりあえずこのサービスは高いので解約することに。さらに細かく見ると、一つ一つの工賃や部品代がお高く感じます。タイヤは専門店で買った方が断然安いし、エンジン回転数メーターの車内灯が一個切れてるのを交換するのに工賃込みで1.5万円?しかも切れていないLEDも全て取り替える見積になっています。聞くと、一個切れたら他も寿命の可能性があるので全部替えた方が良いとのこと。切れる度に替えていたら工賃がかさむのでそれがおすすめだというのです。まあそれも一理あるでしょう。決してディーラーが車検代をわざと高額にしようとしているとは言いません。最高の、専門の技術でメンテナンスを行い、先々のことまで考えて最善の作業を行ってくれているのでしょう。命を預ける車の安全性を買うのですから、必要なものは全て買いたいと思います。しかし高い。安全第一は当然ですが、経済状況を一切無視していいとも言えません。どうしたものか。

ディーラー「他のお客様だったら買い替えを勧めるところなんですが。。。」

以前、買い替える気はまだないといった内容の会話をしていたので、営業トークを控えてくれている様子。しかし、その控えてるアピールと、費用を抑えられる部分を提示しない態度から、営利の匂いが見え隠れするのもまた事実。そしてそれはビジネスマンとしてあるべき姿であり、当然のお仕事をされているに過ぎません。よし。決めた。

ぼく 「まことに申し訳ありませんが、他所で車検見積をして比較検討させてください。」

長年お世話になったディーラーさんに対してとても言いづらかったのですが、買い物は納得のいく内容と金額でしたい。ディーラーさんもその可能性を想定していたのか、特に引き留めるでもなく、むしろ快諾してくださり、預けていた車を引き取りました。そして向かった他所の車検サービスでの見積もりは、やはり断然安い。タイヤを値切りまくったところ、トータルでうまい棒一万本買えるくらい安くなりました(あくまでもぼくのケースでは)。今回の件で、一概にどちらの車検が良いとは言うことは出来ません。ただし、ユーザーにマッチした選択肢はいくらでもあり、もっと考えて消費しなくてはいけいと感じました。しかしディーラーさんには悪いことをした。無料で見積なんて謳ってないのにタダ働きをさせてしまった恰好です。かたじけない!

そして今回初めて車検をお願いしたところは、やはりプロフェッショナルなエンジニアが色々と説明までしてくれて、なんとも安心感があります。そしてお値段の相談にも乗っていただき、作業をお任せすることが確定しました。作業の間の代車は。。。

超絶古めかしい国産のスポーツカー(; ・`д・´)

色はあせまくり、車内はタバコ臭く、まあはっきりって汚い。乗ると何故か必ず人差し指が黒く汚れる。。。乗り心地はとってもチープで、おもちゃの車に乗っているような感覚になりむしろ面白い。車内には「ガソリンは満タン返しでお願いします」のメッセージが3カ所も張り付けてあります。スピードメーターの下、ダッシュボードの上、ルームミラー。しつこいわ!(; ・`д・´)そして危ないわ!そもそも最初満タンじゃなかったじゃねーか!この代車の酷さは筆舌に尽くし難く、ぼくよりぼくの知人の方が「アリエナイ」と憤慨していました。

そんなこんなで無事車検も終わり、マイカーがご帰還しました。つるつるだったタイヤも新品となり、心なしか乗り心地も向上しているようです。それにしても高い税金、高い車検。古いものは捨てよと、お上からの声が聞こえてくるようです。しかしそうなってくると逆に乗り続けたくもなってきます。次回も車検を通すか否か。まあそのうち考えよう('Д')

飲食之人

激熱猛暑の中皆さまご機嫌いかがでしょうか。夏バテや熱中症には気を付けなくてはいけません。とはいえぼくは暑い夏が好きなので、この夏感を楽しんでいます。夏と言えばソーメン。好きな食べ物トップ10には入るであろうソーメンも暑くなくては食べる気がしません。やっぱ夏は暑い方が良いでしょう。ところでこの暑さで食欲がなくなるということをしばしば耳にしますが、幸いなことにぼくは暑かろうが寒かろうが食欲はなくなりません。いつでも腹ペコです。というわけで夏の暑さに負けない食べ物軍団のご紹介です。

先日行った「焼肉モンスター」とは違う焼肉屋さんに突撃。今回は食べ放題ではない焼肉屋さんで、少々お値段の張る高級焼肉店です。なんでも「栃木和牛」という牛を使っているらしく、大層美味しいそうな。注文した肉が運ばれてくると。。。
やきにく1
お上品か!(; ・`д・´)
霜か?これが霜なのか?お肉がとても綺麗に盛り付けられており、その様はまるで社交ダンスパーティーを楽しむ紳士淑女が如しです。
やきにく2
焼けろ!
ジェントル和牛を金網で焼きあげ、早速いただきます。いい肉だからレアくらいで丁度よかろう。ぱくり。。。

うっめー!!!( ゚Д゚)
いやなにこれめっちゃおいしい。しっかりと肉肉しいのに、柔らかくてジューシーで口の中で溶けていくそのお味はまさに「和牛」そのもの。わが栃木にもこんなに美味しい牛肉があったとは。その後もあれこれと注文して食べましたが、どれも絶品でした。やはり高級店は格が違うぜ!明らかに「焼肉モンスター」より質は上と感じましたが、お値段のことを考えるとどちらの店がいいかは一概に言えませんね。お会計の心配なくもりもり食べるか、優雅に味を楽しむかでお店を使い分けるのが良いでしょう。

創作料理ばー
お次は創作料理バー的なお店。店内は独特な異国のレトロチック感を醸し出しており、なんかかっこいい。二回の席に通されると、階下の客席がちらほら見えたりします。先ほどの焼肉屋さんでは、お値段にビビって満腹具合50パーセントほどで抑えていたので、マルゲリータピザを頼むことに。
まるげりー
うまそー('Д')
マルゲリータにハズレ無し。トマトが乗っているので、さっぱりしていて二軒目でも結構食べられます。そのお味はやはり安定の美味しさ。焼肉とピザをはしごするとは我ながら中々の豪遊っぷり。流石に満腹になったのでデザートを頼みました。
ティラミス
こ洒落た植木鉢風ティラミスは甘過ぎることもなくほどよい苦味でいとうまし。なんとも贅沢な食べ歩きでした。

しかし食べ歩いてばかりは良くないと、自分でも食べ物軍団を作ることに。
あじふらい
アジのフライですね。揚げ物用の鍋が無いのでフライパンに油を多めに入れて焼いたら出来上がりました。サクサクでうまっし('Д')!

ぴーまん
ピーマンの肉詰め焼き。昔は嫌いだったピーマンも今や御馳走です。徐々に仲間になるベジータのように、実に魅力的な存在となりました。ベジータの名前の由来はそこにあるのかもしれません。

nasu.png
ナスの肉詰め焼き&ニンジンとインゲンのベーコン巻焼き。肉を野菜で包み、野菜を肉で包む。包み包まれの食材たちは非常に相性がよろしく美味しいです。外での食事はとても美味しく楽しいものですが、自分で作って食べるのはそれとは違った満足感を得られます。美味しく感じるし、なにしろ安い。暑さに負けないように、もりもり食べていきましょう('Д')

 | ホーム |  次のページ»»