最新記事


プロフィール

harinezumimaru

Author:harinezumimaru
はりねずみまる
サラリーマン 男 独身 37才 
お酒とたばことパチンコ好きのダメ人間
あとヤングジャンプも好き
あとポケモンカードも好き
相互リンクやブロ友大歓迎です!
記事に対するご意見ご感想ご指導などもお待ちしております。
ご気楽にお書込みください(´∀`)


カウンター


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


タイムトラベルなう

高校の同窓会に出席してきました。一か月以上前にハガキが届き、どうしようか迷っていたのですが、友人が出席するとのことなのでぼくも出席することに。しかし、ぼくが20年前の人間の顔を覚えていられるはずもなく、よそよそしい空気になることは想像に難くありません。しかも今回は、ぼくたちの世代だけでなく、三つの世代の同窓会が合同で行われる形式。きっと誰が誰やらわからないことになるでしょう。それ以前にどれだけの出席率なのかも未知数であり、正直不安要素しかありません。幸いぼくは二人の友人と一緒に行くので、誰とも会話出来ないという事態は避けられそうです。

そしてもうひとつの問題はどんな格好で行けばいいのかという点です。スーツでいくのもアレだし、かといってカジュアル過ぎるのも会場の雰囲気と合わない気がします。友人は、フォーマルっぽい格好でいんじゃね?的なことを言っていましたが、フォーマルっぽい装いなど持っていないぞ。というわけでフォーマルなお洋服をゲットしに出陣です。訪れた店はコ洒落た大人っぽいメンズ服やさん。展示されている商品はどれもシュッとしており、お値段の方も中々にシュッとしています。しかし運よく50%OFFの商品が数多くあり、買う前から得した気分になります。マネキンの服をしげしげと眺めていると、男性店員が声をかけてきました。4~50代と思しき店員さんは、オールバックでポニーテールという攻めたヘアスタイルのダンディおじさんです。黒い柄シャツを胸元をはだけさせた感じで着こなした、ちょい悪シャレオツおっさまですが、非常に物腰が柔らかく、おすすめを色々とご教示してくれます。店員さんに声をかけられるのは苦手という人は多いと思いますが、ぼくは声をかけてくれないと困る派です。ファッションセンス0のぼくは何を選べばいいのかさっぱりわからないので、服を買うときは大体店員さんに見繕ってもらいます。

ぼく「高校の同窓会があるのでそれ用の服が欲しいです。」
ダンディ「なるほどー!じゃあこれなんかカッコイイですよ!」

こんな感じで次々と商品を見せてくれます。うむ、確かに良い品な気がする。色や形も落ち着いていて、それでいてカッチリし過ぎておらず、とても上品風味なシャツとパンツを選んでくれました。どちらも50%OFFの対象商品でお値段も手ごろ。よっしゃこれでよかろう。こうして当日友人達と合流し、お互いの恰好のフォーマル具合を確認し合い、まあこんなもんでしょという感じで会場に向かい、無事到着しました。

ほとんどの人スーツなんですけど!(; ・`д・´)

ぼく達のいで立ちは客観的に見て、ラフすぎることもチャラい印象も無いのですが、スーツ軍団の中では浮く浮く。やっちまった感に包まれつつ会場のホテルロビー辺りに立ち尽くしていると、

スーツ同窓生1「おー〇〇じゃん!」
スーツ同窓生2「ほんとだ!わかんなかったよ!」

こんな感じで同行していた友人が声をかけられました。ぼくと違って顔の広い人なので、自然と人が集まってきます。

スーツ同窓生1「てゆーかそんな恰好でよかったんだ!」
ぼくら「よくはないと思う(; ・`д・´)」

その後何人かの同窓生達と接触しましたが、凄く変わった人もいればほとんど変わらない人もいて、タイムスリップしたかのような不思議な感じになりました。このような会に出席する人たちは皆共通して、概ね順調な人生を送っているのであろうという雰囲気を醸し出しています。その勝ち組オーラに浸っていると、なんだか自分も勝ち組になったようなお得な気分になりますね。

ひと通りの同窓会あるあるをこなした後はお楽しみのお食事タイムです。お上品なホテルでの立食形式で飲み放題。食いつくしてやるぜ( ゚Д゚)!

同窓会


ローストビーフとか鳥肉料理を中心にバクバク食べて行きます。お酒は最近好きになってきた赤ワインを頼み、お肉との相性の良さを楽しむことが出来ました。しかしこういうところで赤ワインを飲むのは少し気取っているようで恥ずかしい気持ちもあります。まあいいさ、もう当分会うこともなかろう人々にどう思われようが結構です。6000円分楽しむミッション達成に向け、コスパの良いお酒と料理をもりもり食べていきます。肉の他にも、エビ、サザエ、お寿司などの御馳走乱舞。これは予想以上に素敵なパーティーだぜ。しかしさすがに胃袋も限界に達し、最後に記念撮影を行って懇親会はお開きとなりました。

どうなる事かと心配だった同窓会はそれなりに楽しく、仲の良かった人達やあまり絡まなかった人達との会話から色々な刺激を受けました。皆立派になられて頑張っておるようだ。20年の歳月を経て再開した面々を見ていると、過去と現在が錯綜し、普段意識しない「時間の流れ」の中に自分がいることがよくわかります。現在は常に過去になり続け、その速度は加速し続けています。いつかどこかに流れ着くのか、流れに飲まれて消えるのか。それはその時のお楽しみです。


スポンサーサイト

飲食之人

激熱猛暑の中皆さまご機嫌いかがでしょうか。夏バテや熱中症には気を付けなくてはいけません。とはいえぼくは暑い夏が好きなので、この夏感を楽しんでいます。夏と言えばソーメン。好きな食べ物トップ10には入るであろうソーメンも暑くなくては食べる気がしません。やっぱ夏は暑い方が良いでしょう。ところでこの暑さで食欲がなくなるということをしばしば耳にしますが、幸いなことにぼくは暑かろうが寒かろうが食欲はなくなりません。いつでも腹ペコです。というわけで夏の暑さに負けない食べ物軍団のご紹介です。

先日行った「焼肉モンスター」とは違う焼肉屋さんに突撃。今回は食べ放題ではない焼肉屋さんで、少々お値段の張る高級焼肉店です。なんでも「栃木和牛」という牛を使っているらしく、大層美味しいそうな。注文した肉が運ばれてくると。。。
やきにく1
お上品か!(; ・`д・´)
霜か?これが霜なのか?お肉がとても綺麗に盛り付けられており、その様はまるで社交ダンスパーティーを楽しむ紳士淑女が如しです。
やきにく2
焼けろ!
ジェントル和牛を金網で焼きあげ、早速いただきます。いい肉だからレアくらいで丁度よかろう。ぱくり。。。

うっめー!!!( ゚Д゚)
いやなにこれめっちゃおいしい。しっかりと肉肉しいのに、柔らかくてジューシーで口の中で溶けていくそのお味はまさに「和牛」そのもの。わが栃木にもこんなに美味しい牛肉があったとは。その後もあれこれと注文して食べましたが、どれも絶品でした。やはり高級店は格が違うぜ!明らかに「焼肉モンスター」より質は上と感じましたが、お値段のことを考えるとどちらの店がいいかは一概に言えませんね。お会計の心配なくもりもり食べるか、優雅に味を楽しむかでお店を使い分けるのが良いでしょう。

創作料理ばー
お次は創作料理バー的なお店。店内は独特な異国のレトロチック感を醸し出しており、なんかかっこいい。二回の席に通されると、階下の客席がちらほら見えたりします。先ほどの焼肉屋さんでは、お値段にビビって満腹具合50パーセントほどで抑えていたので、マルゲリータピザを頼むことに。
まるげりー
うまそー('Д')
マルゲリータにハズレ無し。トマトが乗っているので、さっぱりしていて二軒目でも結構食べられます。そのお味はやはり安定の美味しさ。焼肉とピザをはしごするとは我ながら中々の豪遊っぷり。流石に満腹になったのでデザートを頼みました。
ティラミス
こ洒落た植木鉢風ティラミスは甘過ぎることもなくほどよい苦味でいとうまし。なんとも贅沢な食べ歩きでした。

しかし食べ歩いてばかりは良くないと、自分でも食べ物軍団を作ることに。
あじふらい
アジのフライですね。揚げ物用の鍋が無いのでフライパンに油を多めに入れて焼いたら出来上がりました。サクサクでうまっし('Д')!

ぴーまん
ピーマンの肉詰め焼き。昔は嫌いだったピーマンも今や御馳走です。徐々に仲間になるベジータのように、実に魅力的な存在となりました。ベジータの名前の由来はそこにあるのかもしれません。

nasu.png
ナスの肉詰め焼き&ニンジンとインゲンのベーコン巻焼き。肉を野菜で包み、野菜を肉で包む。包み包まれの食材たちは非常に相性がよろしく美味しいです。外での食事はとても美味しく楽しいものですが、自分で作って食べるのはそれとは違った満足感を得られます。美味しく感じるし、なにしろ安い。暑さに負けないように、もりもり食べていきましょう('Д')

アリとキリギリス


ポケモンカードオンラインというゲームを一緒にやろうと友人に誘われました。ポケモンカードゲームをネット上でプレイ出来るスグレモノです。面白そうじゃないかと、アカウント作成やらインストールやらの作業に取り掛かったのですが、なんとこのゲーム日本語に対応していないそうです。おいおいちょっと待ちたまえよ。ポケモンですよ?日本が生んだ超ビッグコンテンツなのに日本語を仲間外れにするとはどういうことなんだい?ただでさえIT音痴のぼくが全部英語のサイトでアカウント作ってゲームをインストール出来るわけないでしょうよ。そう困惑していたのですが、このインターネッツという人は何でも知っているらしく、検索すると一通りのやり方が全部わかってしまいました。英語もコピーして翻訳機に放り込めば瞬時に日本語に変身します。こりゃ人間の脳は衰えるわ(´・ω・`)まあもともと衰え切った頭脳なので気にせずオールカンニングで作業するとあっさり完了。早速ゲーム起動!

ホーム
うおう(*‘∀‘)
かっこいいじゃないか!とても綺麗な壁紙が次々と切り替わっていき、とてもハイクオリティな感じが伝わってきます。

チュートリアル
最初はコンピューター相手のチュートリアルから。
ふむふむ、全部英語で何が書いてあるのかわかりませんが、ポケモンカードのルールさえ知っていれば何となくわかります。

ぴかちゅう
拡大してカード情報を確認できます。英語わかんねー(; ・`д・´)

ぴかちゅう2
ピカチュウの攻撃!カミナリだ!( `ー´)
これがリアルカードとの大きな違いでしょう。かっこいいアニメーションとサウンドで放ったワザを演出します。リアルのカードだと、ごくまれに自分の声や身振りでワザの演出を行う猛者がいますが、そんなお手間は取らせませんとばかりの迫力ムービー。こりゃ楽しいぜ!

操作はとても簡単で、直感的に触っていれば大体わかってきます。一通りチュートリアルを終えると、コンピューター相手の練習のようなモード、対人戦が楽しめるモード、ショッピングやトレードなどで遊べます。コンピュータ―相手は練習みたいなもので、メインは対人戦とトレードが重要みたいですね。

練習で操作にも慣れ、何度も対人戦をして一週間ほど経った時点での感想ですが、とっても面白いです(*‘∀‘)

最初はリアルカードのシミュレーションに便利かもね程度に思っていたのですが、これ自体にハマっててしまいました。リアルカードはもちろん面白いのですが、データでの利点がとても多くてスバラシイのです。

このゲームの利点をまとめると。。。
 ・現実では不可能な演出が楽しい
 ・カードのシャッフルやカットなどの手間が無くスピーディー
 ・デッキの管理が楽
 ・お金がかからない
 ・カードが増えても場所をとらない
 ・離れた友人といつでも対戦できる
 ・ミスってもあんまり恥ずかしくない

枚挙にいとまがありませんな。
唯一難点といえば、欲しいカードが中々手に入らないということくらいでしょうか。現実であればお金さえ払えば入手出来ますが、このゲームではそう簡単ではありません。トーナメントで勝利し、トレードを繰り返しながらお目当てのカードをゲットするまでコツコツとした作業を繰り返す必要があります。しかしそのトレード自体がこのゲームの大きな魅力にもなっていて、カードの相場を調べたりしながら資産を増やすのも楽しみの一つとなっています。

そんなわけで強いデッキを作れるようとりあえず汎用性の高い壊れ性能カード「カプ・テテフGX」入手を最初の目標にしよう。このカードは手札からベンチに出したときに自分の山札から好きなサポートカードを一枚持ってくることが出来るという特性を持っています。この高性能特性に加えて戦闘においてもそれなりの強さのワザをもっているので、現在の環境では、どんなデッキでも最低2枚は必ず入れたいといわれる人気者です。

相場を調べるとどれどれ。。。
たっか!トーナメントで勝利して得られる拡張パック36個分!これは12回優勝して得られる数に相当します。気が遠くなるわ('ω')かといってわらしべ長者のようにトレードを繰り返して目的に辿り着くほどの相場知識もないし、、、とりあえず拡張パックを買って開けてみるか。ゲーム内で得られる「トークン」というポイントで色々とショッピングができます。拡張パックからの出現確率は激低のようですが、これで出れば楽ちんですから!急がば回れ?知るかー('Д')

パック
「カプ・テテフGX」が出るパックはこちら。早速購入。

パック2
いざ!出でよテテフ!

パック3
こんな感じで開封されていきます。もちろんあたるはずもありませんが、この開ける時のギャンブル感はとても楽しいですね。
その楽しさに負け、もう一度購入しました。
ハズレ!
その楽しさに免じ、もう一度購入しました。
ハズレ!
その楽しさ、、、ハズレ!

むう。お目当て以外のカードでも使えそうなものがいくつかあるのでまあ良いのですが引ける気がしない。もうやめとくか。。。次で最後にしとくか!

最後の一枚は、、、テテフじゃない!やっぱ出ないもんだなー。楽をしようとせず、真面目にコツコツやるのが一番の近道ということですね。ところで最後に出たカード見たことないな。なんだこれ?

テテフ
きれいじゃん('ω')
・・・・・・?('ω')
・・・・・・ん?(;'ω')
コレ、「カプ・テテフGX」のスーパーレアデスガナ!!!(; ゚Д゚)
絵柄が通常と異なるのと、英語名のため一瞬気づきませんでしたが、まごうことなく「カプ・テテフGX」。しかもSRをゲットだぜ!してしまいました。すごくうれしい!( ・`д・´)

いきなり最初の目標を達成してしまいましたが、これ一枚あればOKとはならないので、今後色々集めていきたいと思います。ポケモンゲットだぜ!
(この後味をしめ、全トークンを消費してパックを購入したが一枚も引けなかったそうな)



 | ホーム |