FC2ブログ

最新記事


プロフィール

harinezumimaru

Author:harinezumimaru
はりねずみまる
サラリーマン 男 独身 37才 
お酒とたばことパチンコ好きのダメ人間
あとヤングジャンプも好き
あとポケモンカードも好き
相互リンクやブロ友大歓迎です!
記事に対するご意見ご感想ご指導などもお待ちしております。
ご気楽にお書込みください(´∀`)


カウンター


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


年をとる程味が出る

会社の飲み会にて、いっつもウイスキーですねと後輩に言われました。確かにおっしゃるとおりです。ぼくはビールは苦手なので、最初の何杯かはウイスキーのハイボールです。寒いときはウイスキーのお湯割り、後半に差し掛かるとウイスキーのロック。バーに行ってもウイスキーしか頼みません。焼酎は美味しさがイマイチわからないし、日本酒はとてもフラフラになってしまうイメージがあります。カクテルも種類がありすぎてどうもよくわかりません。お酒なんて好きなもん飲んでれば良いのです。しかしそもそもが嗜好品であり贅沢品のお酒を、あれこれと選り好みするとは飽食人間極まれりですね。

この贅沢三昧が許される時代に生きる幸運を噛み締めつつ、ワインなどに興味を持ち始めました。ほとんど飲んだことがありませんが、ワインにはあまり良い思い出がありません。まずは初めて飲んだ時のそのお味。甘くない!ぼくはぶどうジュースが大好きです。ファンタなら問答無用でグレープ味を選びます。あの色、味、香り、キングオブ清涼飲料水はファンタグレープで議論の余地は無いでしょう。そして同じぶどうから作られるワインというお酒。見た目も赤紫のぶどうジュース丸出しの美しさ。誰がどう考えてもぶどうジュース+アルコールの味を期待するでしょうが、現実はそんなに甘くない。そう、全然甘くないのです。ぶどう独特の渋みと、発酵臭のような香り。音で表現するなら「むわーん」って感じであまり美味しいとは思えませんでした。それから二日酔いも辛かった記憶があります。日本酒やワインといった醸造酒は、ブランデーやウイスキー等の蒸留酒に比べて二日酔いになりやすいとされています。詳しくはおググり下さい。そんなわけでワインや日本酒とは距離を置いてきたわけですが、なにかともてはやされているこのワインというお酒。少し慣れてみても損はないでしょう。

早速近くのファミマで購入してみました。
赤ワイン
ビニャ マイポ カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ
700円くらい。

なんか恰好いい瓶だな。この恰好いいというのはとても重要です。あの丸っこいワイングラスに真っ赤な液体を注いで飲む様はどうしたってカッコよくなります。健康に良く、カッコよく、美味しいとなれば、飲まない手はないでしょう。しかしぼくはそんなこ洒落たグラスを持っていません。今度買ってこよう。

ワインの面白いところは、味や香りを様々な言葉で表現する儀式のようなものがあるところです。まるで○○のような・・・豊かな・・・ピュアな・・・複雑な・・・等々具体的なものから抽象的な表現まで様々です。うまい!だけでは許してくれないのでしょうか。

小難しいことは置いておいて、早速飲んでみましょう。ついでにテイスティングワードの練習もしてみましょう。

まずはグラスに注いで色とかを見ます。
 まるで赤ワインのようだ・・・

次に香りをくんくん嗅ぎます。
 まるで赤ワインのようだ・・・
 ちょっとぶどうの香りがする・・・
 むわーんってする・・・

最後は口に含みテイスティングします。
 まるで赤ワインのようだ・・・
 ちょっとぶどうの味がする・・・
 渋い・・・
 ・・・
 ・・
 ・

これ美味いか?(; ・`д・´)

決して美味しくないわけではありません。普通に飲めるっちゃあ飲めます。しかし数あるお酒の中からこれを選んで飲むほどの魅力があるとも思えない。恐らくこの味に慣れていないということと、甘いぶどうジュースの先入観がこの飲み物の良さを理解する妨げになっているのだと思います。もしかしたらグラスもちゃんとしたものを使えば気分も変わってくるのかもしれません。あるいはおつまみが焼いたもちだったのがよくなかったのか?

よし、次は白ワインを試してみよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |