FC2ブログ

最新記事


プロフィール

harinezumimaru

Author:harinezumimaru
はりねずみまる
サラリーマン 男 独身 37才 
お酒とたばことパチンコ好きのダメ人間
あとヤングジャンプも好き
あとポケモンカードも好き
相互リンクやブロ友大歓迎です!
記事に対するご意見ご感想ご指導などもお待ちしております。
ご気楽にお書込みください(´∀`)


カウンター


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


新たなる戦い

先日の土日に、ポケモンカードの大会「ポケモンジャパンチャンピオンシップス」が開催されました。空前のポケカブームの中、出場することさえ困難な大会となっています。ぼくもエントリーはしたものの残念ながら抽選落ちで出場は出来ませんでしたが、ぼくの友人達はその大会に参加していました。そしてその友人の一人がとんでもない好成績。詳細は割愛しますが、8月に行われる「ポケモンワールドチャンピオンシップス」の日本代表に選出される運びとなったそうです。マジかよおい(; ・`д・´)さらにそこまで行くと、ゲームの模様がネットで生配信されるらしい。いざ観戦!('Д')

ほんとに映ってる!(; ・`д・´)
もはやテレビと変わらないクオリティーの豪華な会場。とんでもない大舞台なのが伝わってきます。映し出された友人はそれをものともしない落ち着いたたたずまいに見え、ファイナリストらしいオーラを放っているようにすら見えます。ゲーム内容も素晴らしく、とても正確かつスピーディーに展開していきます。解説者がどよめくような強力なプレイの連発でお互い一歩もゆずらいない大接戦。なんとも見応えのある試合だぜ・・・・両者天晴( ・`д・´)!

とても楽しい観戦を無事終え、なんとも嬉しい気持ちになりました。ぼくは練習相手としては明らかに力不足で大して役に立っていませんが、一緒に練習をした友人が活躍する姿を見るのはとても誇らしく感じますね。

8月には世界大会が控えているため、それに向けた特訓も始まる事でしょう。少しでも役に立てるようぼくも頑張らなくてはいけません。次の大会は各国の代表が集まるわけなので、初戦から国内の決勝戦クラスでの戦いが強いられることになります。まるで漫画みたいだな(; ・`д・´)さらに、レギュレーションの変化やジャッジの厳しさなども加わり、より困難な戦いになることは想像に難くない。よし、ぼくも練習しよう。まずはファローシャッフルをマスターするぜ('Д')(これはほんとに重要らしい)




ブラックベルト

新年度が始まり、新元号も決まり、世は着々と時を刻んでいるようです。そんな中一切の成長を止めてしまったぼくは相変わらず酒とタバコとポケカとモンハン。素晴らしきかな!('Д')

またまた新弾が発売されました。しかしこのペースなんとかなりませんかね?お金がかかるという以上に、新しいカードをじっくりと検討する間もなく次々と新カードが発売されていきます。売れるんだからしょーがないとは思いますが、意外とみんな時間ないんだよ?(´・ω・`)などとぼやきつつも、いつものように一箱購入。今回も友人家族に頼んで一緒に買ってもらいました。受け取るタイミングはあったのですが、スケジュール的に一緒に開ける時間が取れず、初めて一人で1ボックス開けることに。皆と開けた方が楽しいのですが、一人でじっくり開けるのも面白い。お宝カードを引いて売り飛ばしてやるぜ!( ・`д・´)

bo.png
今回の商品「ジージエンド」

ドラゴンタイプの「ガブリアス&ギラティナ」がパッケージを飾っていますね。強そうだ。

box.png
開けるとこんな感じで、そのまま店舗に陳列できるように組み立てることが出来ます。中身を取り出してみよう。

中身
こうしてみるとなかなか壮観ですね。しかし、まあ、なんというか、


めんどくせいな(; ・`д・´)
5枚入りのものが30パック入っています。いつもは5人がかりで開封するので、一人6パックで丁度よい感じの量ですが、一人で全部開けるとなるとちょっとした作業になってきますね。まあよい、お宝こい!

・・・
・・


結果発表!( ・`д・´)
まずはこちら

gg2.png
左から、「ヒードランGX」「ガブリアス&ギラティナGX」「ライチュウ&アローラライチュウGX」です。今回の目玉ポケモンですね。他にも「クチートGX」というカードがあるみたいですがぼくが購入した物からは出ませんでした。非GXにもいろいろ面白そうなカードがあるのであとでゆっくり見てみよう。

お次はこちら

スタンプ
左から、「リセットスタンプ」「タッグスイッチ」。これらはポケモンではなく「グッズ」と呼ばれるゲームを有利に運ぶためのアイテムのようなものです。この2つすげー強力だな。特に「リセットスタンプ」は異常とも言えるほどの性能です。

相手は相手自身の手札をすべて山札にもどして切る。その後、相手は相手自身のサイドの残り枚数ぶん、山札を引く。

サイドとは、相手のポケモンを倒した際に引くことが出来るカード。6枚のサイド全てを引くことが勝利条件の一つなので、ゲーム終盤になると当然サイドの枚数は1枚や2枚に近づいていきます。要するに、強制的に手札を極限まで減らされてしまうカードということです。これは相当ゲームバランスを揺るがすもので、今後はこのカードが入っていないデッキは存在しなくなるでしょう。勝利目前でこの凶悪カードを使われたら、そこから一気にまくられるケースもありえます。てゆーかすでに練習でくらいました(;'∀')なんというかカードのパワーインフレのせいでゲームがあっという間に終わってしまうことを防ぐための妨害カードの様な気がしますが、最後まで勝負の行方がわからない面白さもありますね。

そして最後はこちら

kuroobi.png
「くろおび」
レアカードきた(・∀・)!
黄金に輝くUR(ウルトラレア)カードです。お宝臭ただようその神々しさを眺めるのもそこそこに、早速そのお値段をチェック。

1000円~1500円

しょっぼ(´・ω・`)
こんだけ金ぴかしてるくせにその価値は今一つ振るわず。やはり人気のポケモンや女の子キャラのレアカードが高騰するようですね。まあいいさ、これだけピカピカしたものをひけたので満足です。このカードは次の大型大会に出場する友人一家への優勝賞品としてとっておこう。彼らはすでに大会で優勝を狙えるガチ勢となっているので、このカードを授け与える可能性も現実的なものです。これを手にすれば晴れて免許皆伝だ。是非勝ち取ってくれたまえ( ・`д・´)

正義は勝つ

前回の記事の二週間後、懲りずにポケモンカード練習会に参加してきました。前回は朝9時~夕方16時までお邪魔したのですが、今回は一日予定がなかったため初めてフルで参加。朝9時~夜21時まで・・・('Д')仕事か!文字通り、丸一日カード漬けとなりました。カードゲーム自体が面白いので、そこまでしんどいわけではありませんが、しかしそれでも大変だ。これを定期的に続けているその熱意に感服します。

ぼくは今回も、前回同様『ピカゼク』デッキで参加しました。てゆーかこれしか持ってない。他にも用意出来なくなないのですが、トッププレイヤーの方々との練習に耐えるだけのものは『ピカゼク』以外今のところありません。強いデッキだけ用意しても、操作方法が熟練していなければまともな試合にならないので、浮気せず『ピカゼク』一本に絞っていきました。とはいえ現在大人気のデッキなので、これさえあればとりあえず練習相手になることはできます。また子供達をやっつけてやるとするか。

・・・
・・


勝てねえ!(; ・`д・´)

前回猛威を振るったぼくの『ピカゼク』ですが、今回はなんともお粗末な結果となってしまいました。超強力で、使用者が多い大人気デッキということで、様々な研究がされ、対策がどんどん進んでいるようです。強いカードを使っているだけでは勝てないところがこのゲームの面白い所ですね。このままでは我が『ピカゼク』は、ただのカモに成り果ててしまいます。対策されたことに対して対策をしなくてはなりませんね。

しかし他の参加者の皆さんは、一人でたくさんのデッキを持って馳せ参じているご様子。マジですげーな。ぼくは一個のデッキを作って操作をマスターするのに四苦八苦しているのに、皆さんは色々な種類のデッキを自在に操っています。このゲームは他のデッキの知識があるかないかでは、プレイに雲泥の違いが出ます。何をされたら嫌か、どう攻めるのが効果的か、などをよく考えなくてはならないからです。ぼくのように「そのカード見たことない!」なんてことを連呼しているうちは、上級者にはほど遠いでしょう。すべてのカードを知り尽くしていることが、強くなるための大前提です。

そのためにも、そろそろ『ピカゼク』以外も作って操作を覚える必要があるな。てゆーかピカゼク飽きたわ( ゚Д゚)!とゆーわけで次はどうしよう。これ強そう。

げっぞろ

『ゲッコウガ&ゾロアーク』のタッグチーム

「あくのはどう」は、エネルギー二個で30ダメージ。さらに自分の場のポケモンに付いている悪エネルギーの数×30ダメージを加算するというもの。つまりこのわざを撃つための2エネルギーの他に、どこでもいいから5個の悪エネルギーがついていればピカゼクを一撃で葬れる計算です。強いやん( ゚Д゚)
エネルギー加速担当はこの人が良さそう。

ガオガエン
ガオガエンGX
特性「スカーチャージ」が強力で、ダメージ30と引き換えに、悪エネルギーを3個山札から持ってきてつけられるというもの。強力故に難易度も高く、2進化ポケモンとなっていますが、そこは『ゲッゾロ』の「ナイトユニゾンGX」が相性良さそう。普通に育てた方が早いのか、「ナイトユニゾンGX」で一気に立てる方が早いのか。どっちだ?
いずれにしても、エネルギーを大量に充填すれば、毎ターン2エネで300ダメージとかいうとんでもないことにもなりそうな予感がします。凄く強そうでおらわくわくしてきたぞ( ・`д・´)!

とりあえず作ってみようと思います。なにしろポケモンの属性が「悪」ですからね。ど直球というか、開き直りというか。。。自分「悪」属性ですけど何か?と言わんばかりです。
「悪」属性があるなら「正義」属性もあってよさそうですがそれはないようです。子供のゲームで「悪」があって「正義」が無いなんて良いのでしょうか?それとも「悪」以外の属性がすべて「正義」という設定なのでしょうか。いや「正義」属性なんてものがあったらとっても気持ち悪いからでしょうか。悪も正義も本質は同じで、どちらも存在しないという世知辛さを暗に示しているのでしょうか。この悪ポケモンで強いデッキを作り、世の矛盾を教え込んでやろう('Д')!



兵強ければ則ち滅ぶ

先日の土曜日、友人に誘われてポケモンカード練習会なるものに参加してきました。およそ10組ほどの親子の方々とぼくのような独身組が5~6名。総勢30名前後の人々で、市の運営する施設の一室を借りての本格ガチ練習会でした。とても和やかな雰囲気ではありつつも、カードに対する意識は高く、楽しみながら真剣な練習試合が繰り広げられました。近々ジュニア大会があるらしく、それに向けた子供たちのレベルアップが主な目的です。その練習相手にと頼まれての初参加というわけですが、なにしろ皆さんカードは遊びじゃないと言わんばかりの気合の入り具合です。ぼくのようなポンコツプレイヤーが行っても役に立たないのでは?と思い、友人にどんなレベルのデッキを持っていけばいいかを相談しました。

友人「弱いと子供たちの練習にならないので強いピカゼクデッキ作って下さい。」
ぼく「お、おう(; ・`д・´)」

友人「このサイトのデッキを参考に、より強くアレンジして下さい。」
ぼく「お、参考デッキすごい。これ見ればなんとかなりそう。」

友人「2ターン目に必ず『フルドライブ』撃てるようにして下さい。」
ぼく「チートですがな(; ・`д・´)」

ピカゼクとは、以前の記事でご紹介した、ピカチュウ&ゼクロムのタッグチームカードのことです。そして『フルドライブ』はピカゼクの持つ技で、150ダメージ+エネルギー加速という凶悪な性能を誇ります。それを2ターン目で必ず撃てたら、それだけで試合の大勢を決めてしまいます。野球でいえば、2回の攻撃で必ず満塁ホームラン打つようなものです。しかし現在のレギュレーションもかなり様々なカードが発売され、試合のスピードや火力がうなぎのぼり状態なので、逆を言えばこれが決まらなければあっさり負けるということになるようです。初心者や低性能カード置いてけぼり感がすごいので、もう少しバランスを考えてカードを作って欲しいものですね。

というわけで現在最も使用者が多いとされるこのピカゼクで強いデッキを作れば、練習相手として不足はなかろう。いろんなサイトを見ては、良いアイデアをパクってデッキを完成させました。

きも

詳細は省きますが、キモとなるのがこのカード達。
ピカゼクをメインアタッカーとし、2ターン目『フルドライブ』で次の新品ピカゼクに高速でエネルギー充填します。次ターンすぐさま『タッグボルトGX』で敵陣は壊滅状態。速攻で相手の息の根を止め、何もさせずに試合終了。子供相手にこんなことしていいの?(´・ω・`)
これを実現させるために必要なのが『サンダーマウンテン』と『カプコケコ』というプリズムスターカード。プリズムスターは超強力な性能のため、デッキに同じ名前のプリズムスターは1枚しか入れられません。
最近新登場したデデンネGXは、『デデチェンジ』という特性が強力です。大量にドローできるんですね。これらのカードの他にも様々なカードを上手く組み合わせれば、かなり高確率で2ターン目『フルドライブ』、3ターン目『タッグボルトGX』が成立します。実戦では相手の妨害もありますが、相当なスピードを持つ構成なので上手く行くでしょう。いざ尋常に勝負!

・・・・・
・・・・
・・・
・・


ピカゼクつええ(; ・`д・´)!

いやほんとに強い。いつもはボコボコにされました!という結果に終わるのですが、今回のぼくはほんとに強かった。もちろん全勝とはいきませんでしたが、大幅に勝ち越し、かなり練習相手として役に立つことが出来たのではないかと思います。
負けパターンとしては、こちらのカードのヒキが恐ろしく悪いケースと、弱点である『闘タイプ』ポケモンに攻め込まれるケース。そしてなにより、「タッグチームは倒されるとサイドを3枚取られる」というルール。これはかなり怖いルールです。ピカゼクは確かに強力ですが、このルールのおかげでカモもなりかねません。少し防御面を見直した方がいいかも。今回の敗戦は、デッキ構成の調整と、ぼくのカード知識の補完で改善が可能だと感じています。特性封じや、GXポケモンに対するダメージバラマキなども要警戒ですね。

やはり負けた試合の方が成長の糧になる。そういう意味で、子供相手とはいえ全力でひねりつぶしに行くべきですね。それこそが大人気ある振る舞いというものです。次回の練習にも参加する予定なので、それまでにより強いデッキとプレイスキルを用意しなければなりません。本気を出した大人の恐ろしさを思い知らせてやる!('Д')

諸刃の剣

ポケモンカードの新商品「タッグボルト」が発売になり、いつものように1BOX購入しました。今回の商品は新しい要素が含まれておりとても楽しみです。商品名にある通り、ポケモンがタッグを組んだカードが登場します。一枚のカードに2体のポケモンが描かれており、強力な技を繰り出せるという新要素ですね。ルールはほぼ変わりませんがこれまでとは明らかに性能の異なるカードなので、今後どのように使っていけばよいか考えなくてはなりません。それでは今回入手できたカードをご紹介しましょう。

pz.png
ピカチュウ&ゼクロム
カッコイイ!(*‘∀‘)
マスコットキャラであるピカチュウが真っ黒い悪そうなやつと肩を並べて戦っております。二人とも眼光は鋭く、口元に笑みを浮かべて殺戮を楽しんでいらっしゃるご様子。その絵の通り技の方も凶悪で、通常技の「フルドライブ」は3エネルギーで150ダメージ。その上自分の山札にある⚡エネルギーを3枚まで自分のポケモン一体に付けることが出来るというエネルギー加速装置付き。めっちゃ強くねこれ?さらにさらにタッグボルトGXというワザは、3エネルギーで200ダメージ。さらに3エネルギー追加でついているなら、相手のベンチポケモン一体にも170ダメージ。上手く決まれば一度に2体葬ることができ、サイドを4枚とることも十分可能な性能です(ポケモンカードは自分のサイドに6枚のカードを置き、それを全て取ることが勝利条件の一つ)。そして進化をしないたねポケモンであるにもかかわらずHPは240という中々の数値。闘タイプのポケモンが弱点というのが厳しいですが、これは是非とも使ってみたいカードですね。

sf.png
セレビィ&フシギバナ
さらに体力が増えてHP270のタフネスたねぽけもん。これはどうだろう?どく、やけど、こんらんにしつつ50ダメージか。強力ではあるが逃げられたらそれまでなきがします。他のワザも強力ではあるものの、何かパンチが弱い気がする。ぼくの実力ではどう使えばいいかいまいちわかりません。

ek.png
イーブイ&カビゴン
イーブイが追い掛け回されているように見えるのですが。。。(; ・`д・´)無色ポケモンで、ダブル無色エネルギーに対応しているため使いやすいかもしれませんが、これもどうもインパクトに欠ける印象です。一枚だけ入れて相手のデッキに応じて使うとかなのでしょうか?

kh.png
コイキング&ホエルオー
タッグかこれ?(; ・`д・´)コイキング食われる寸前なんですけど。恐ろしくでかいホエルオーは体力も破格のHP300!今回新登場のぽけもんのどうぐ「ムキムキパット」をつければ脅威のHP350となります。こんなん相手に出されたらめんどくせーこと請け合いです。ワザはシンプルに5エネで180ダメージのスーパースプラッシュ。GXワザは8エネで撃てば相手のベンチ全員に100ダメージのキングザブーンGX。どちらもエネルギーが重い。しかしバラマキタイプのデッキと組み合わせれば、相手を一撃で一掃できる可能性もあって興味をそそられます。

以上が今回入手できたTAG TEAMポケモンですが、強力故のデメリットも存在します。このカードが倒されるとサイドが3枚とられてしまうんですね。これは中々大きなデメリットです。この強力カードを使いこなすことがそもそも難易度高めですし、リスクもでかい。よく考えないと、かえってカモにされかねません。まあ使うけどね!

まずはピカチュウ&ゼクロムだ!( ・`д・´)

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»